« 67の(2).失敗を招きやすい接触型の贈答品店(和菓子・駅ビル内)※1986年当時」 | トップページ | 68の(1).理想的な三空間設計が販売力を爆発させる(和菓子・叶匠寿庵)※1986年当時 »

2017年10月27日 (金)

7.上に向かって力を入れる動き(独断の動き)を伴った「うなずき」は威嚇や主張を表現する

こんにちは。

前回、「うなずき」には、相手に与える情報が異なる四種類の「うなずき」があるということをお話しました。

(1)下に向かって力を入れる「うなずき」(
23日説明済
(2)上に向かって力を抜く「うなずき」(
25日説明済
(3)上に向かって力を入れる「うなずき」
(4)下に向かって力を抜く「うなずき」

さて今回は、(3)上に向かって力をいれる「うなずき」について説明します。

そのためには、13種類の身体の動きの内の七つ目の「独断の動き」を理解することが必要になります。

⑦「独断の動き」とは、次の映像ロボットが表現している動き(アクション)のことです。

 

Photo

腕や頭や上半身を使って、下から上に向かって力を入れる動きのことです。

相手を威嚇したり、相手に対して主張を曲げないことを表現する時の動きです。

 

そして、「独断の動き」とは、このロボットの静止画のような瞬間的な身体の形態ではなく、「独断の動き」の開始から終了までの一連の連続した動きのことです。

実際の「独断の動き」は
こちらで確認してください。

さて、上に向かって力を入れて頭を上げる「うなずき」は、この「独断の動き」を伴った「うなずき」です。

しかし、あなたの上司や部下や友人や知人らが、あなたに向かって話をしながら、この「独断の動き」を伴った「うなずき」を繰り返したり、あなたの話に対してこの「うなずき」を使って返事や相づちを打ったとしても、あなたはなかなか気づくことができません。

なぜならば、

「賛成できません」
「方針は変えられません」
「はい、はい」
「なるほど、なるほど」

といった考えや返事や相づちの「ことば」は聞こえますが、「独断の動き」を伴った「うなずき」は見えないからです。

たとえ、相手の「うなずき」が見えたとしても、大抵の人は上に向かって力を入れる「うなずき」と、下に向かって力を入れる「うなずき」の違いまでは見分けられずに、同じ「うなずき」をしたと解釈してしまいます。

そのため、相手がはっきりと「うなずき」をして相づちを打ったにも関わらず、自分に賛成している場合と反対している場合があるために、「うなずき」は不確かなものであると感じられてしまいます。

しかし、下に向かって力を入れる「うなずき」(攻撃の動き)は、相手に対して賛同する「うなずき」ですが、上に向かって力を入れる「うなずき」(独断の動き)は、あくまでも自分本位な「うなずき」なので賛同しているとは限らないのです。

次回(明後日)は⑧「虚脱の動き」について説明します。

※なお明日は、「入りやすい店売れる店」(日本経済新聞社)の1986年版を更新します。


星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

【関連記事】

1.一点注意の動き&64の(4)店員の動きが客の安心感を高める(化粧品・クリニーク)

2.全体注意の動き&64の(5).店員の動きが客の安心感を高める(化粧品・クリニーク)

3.注意不明の動き&65.店員の身体信号が客を呼ぶ決め手(実演販売・百貨店内)

4.不注意指示の動き&66.売れる店員はアクションを知っている(総菜販売・百貨店内)

5.下に向かって力を入れた「うなずき」は、自信や責任感を感じさせる

6.上に向かって力を抜いた動き(協調の動き)を伴った「うなずき」は協調や賛同を表現する

 

 

 

 

|

« 67の(2).失敗を招きやすい接触型の贈答品店(和菓子・駅ビル内)※1986年当時」 | トップページ | 68の(1).理想的な三空間設計が販売力を爆発させる(和菓子・叶匠寿庵)※1986年当時 »

◆86年版入りやすい店売れる店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/65954226

この記事へのトラックバック一覧です: 7.上に向かって力を入れる動き(独断の動き)を伴った「うなずき」は威嚇や主張を表現する:

« 67の(2).失敗を招きやすい接触型の贈答品店(和菓子・駅ビル内)※1986年当時」 | トップページ | 68の(1).理想的な三空間設計が販売力を爆発させる(和菓子・叶匠寿庵)※1986年当時 »