« 56.ネットショップや無人コンビニ以外に、客が求めている店と接客がある | トップページ | 58.接客の上手下手は「ことば」ではなく、店員のアクションによって決まる »

2017年9月26日 (火)

57.急速に進む高齢化と店舗の減少が、「戸板一枚の店」的「移動スーパー」を急増させている

こんにちは。

昨日(9月25日)の日経MJ一面に『移動スーパー、国を動かす――道の駅、大手スーパー、コンビニも参入』と言う見出しで次のように報じられています。

『食品や日用品を満載したクルマで店舗のない地域を巡回する「移動スーパー」。

現状数百台とみられる車両数は今後数年のうちに2000台程度にまで増える勢いだ。

急速に進む高齢化と店舗の減少は小売り各社に参入を促し、中央省庁に規制緩和を迫る。

「移動スーパー元年」とされる2017年。地域社会を支える移動スーパーの今を探った』(詳しくは日経MJ9月25日)

ネットショップとセルフサービス方式の大型店の普及が、小型のリアル店舗を急速に減少させてゆきました。

その結果、身近なリアルショップを失って、日々の買い物に不便を感じている「買い物弱者」は、経済産業省が2014年に示した推計で700万人。

高齢化社会を背景に「買い物弱者」はますます増加の一途を辿っています。

そこに、彗星のごとく「移動スーパー」が登場し、新しい店舗として注目を集めているのです。

見知らぬ人々が大勢行き交う移動空間でこそありませんが、わが村やわが地域にやって来る移動店舗は、「戸板一枚の店」の性質を受け継ぎ、過疎化地域の住民や高齢者達に、便利な「買い物」と共に大きな楽しみを提供していくことが予測されます。

セルフサービス方式を採用した日本のスーパーは、セルフであるがゆえに本来の「店としての性質」を失いましたが、移動する「移動スーパー」となることによって、本来の「店として性質」を取り戻したことになります。

以上のことを考慮しつつ、今回の「57.店員空間のない、接触・引き込み・回遊型店のアクション術②仕事中の雰囲気が客を落ち着かせる」をお読みください。

(なお、本文は1986年初版の拙著「入りやすい店売れる店」の原文のままです)

 

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

57.店員空間のない、接触・引き込み・回遊型店のアクション術

②仕事中の雰囲気が客を落ち着かせる

自分が商品をながめているそのすぐそばに店員が立っている これは客にとってはとても不安定な状況です。

しかもその店員が、客の一挙一動に注目し、ちょっとでも手を触れた商品があったらそれを勧めようと待ちかまえていたとしたら、とても落ち着いて商品をながめられるものではありません。

 

P81


こういう居心地の悪い店では買い物をする気にならなくてもしかたがありません。

居心地のよい店を演出しようと思ったら、店員は客が声をかけてきたり店員をさがすような素振りをするまでは、できるだけ客をそっとしておかなければなりません。

そのためには店員が何かの仕事に気をとられて客には注意をむけていないというメッセージを送る必要があります。

商品を並べかえたり、商品を補充したり、ウインドーや棚をふいたり、こうした作業のアクションは店に活気を与えると同時に、店員のなわばりが解除されていることを示す強い信号です。

このようなアクションをしている限りは店内のどこにいてもたいてい大丈夫です。

ただし店内の通路や店の入り口をふさぐような立ち方や、客が見たがっている商品の前に立ちふさがってしまっては逆効果です。

作業アクションはあくまでも客に見せるためのものですから、できるだけ客のじゃまにならない位置に移動して行うべきです。

店が狭くて客が一人しかいないようなときには、客の動きにあわせて店員がその場所をあけるようにします。

そのときにあまりわざとらしくすると客に警戒されるので注意が必要です。

次回、「58.店員空間のない、接触・引き込み・回遊型店のアクション術③大切な店員のアクション」に続く。


(※以上の文章とイラストは、拙著「入りやすい店売れる店」日本経済新聞社・1986年版より抜粋したものです)

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

関連記事】

1.売れる店にはアクションがある

2.客を引きつける店員のアクション(その1)

3.客を引きつける店員のアクション(その2)

4.客を遠ざける店員のアクション(その1)

5.客を遠ざける店員のアクション(その2)

6.なぜ客はアクションに反応するのか

7.アクションと身体信号

8.コミュニケーションにおける①「動作信号」とは?

9.水平面の動作とは?

10.垂直面の動作とは?

11.矢状面の動作とは?

12.コミュニケーションにおける②表情信号とは?

13.コミュニケーションにおける③視線信号とは?

14.コミュニケーションにおける④空間利用信号とは?

15.15.コミュニケーションにおける⑤話し言葉信号⑥音声信号とは?

16.コミュニケーションにおける⑦接触信号とは?

17.コミュニケーションにおける⑧性別年齢信号とは?

18.コミュニケーションにおける⑨容姿信号とは?

19.コミュニケーションにおける⑩におい信号とは?

20.店員が評価される身体信号10ポイント

21.店にはタイプがある ①店を構成する三つの空間

22.商品空間と店員空間と客空間の三空間からなる「店の四分類」

23.こういう店が接触型店(店員空間が狭い場合)

24.こういう店が接触型店(店員空間が広い場合)

25.店員空間が狭い場合のアクション術(その1)

26.店員空間が狭い場合のアクション術(その2)」

27.店員空間が狭い場合のアクション術③店員の動きが客を呼ぶ

28.店員空間の狭い場合のアクション術④そ知らぬふりが成功の秘訣

29.店員空間が広い場合のアクション術①店員が並んでいては客がこない

30.店員空間が広い場合のアクション術・みんなで動けば活気が溢れる

31.客を集める商品空間づくり①商品空間のなわばり解除

32.客を集める商品空間づくり②ひやかし安全信号が客を呼ぶ

33.こういう店が引き込み型店①店員空間が狭い場合

34.こういう店が引き込み型店②店員空間が広い場合

35.店員空間が狭い(引き込み型店)場合のアクション術①待っているだけでは客がこない

36.店員空間が狭い(引き込み型店)場合のアクション術②早すぎる接客アプローチは失敗のもと」

37.店員空間が広い(引き込み型店)場合のアクション術①動きの演出が客を引きつける」

38.店員空間が広い(引き込み型店)場合のアクション術②広い店員空間は舞台である」

39.店員空間が広い(引き込み型店)場合のアクション術③広い店員空間を生かす店員のスタイル」

40.客をひきとめる商品空間つくり

41.こういう店が引き込み回遊型店①店員空間がある場合


42.こういう店が引き込み回遊型店②店員空間がない場合

43.引き込み・回遊型店①店員空間がある場合のアクション術

44.引き込み・回遊型店②店員空間がある場合のアクション術

45.引き込み・回遊型店①店員空間がない場合のアクション術

46.引き込み・回遊型店②店員空間がない場合のアクション術」

47.引き込み・回遊型店③店員空間がない場合のアクション術(1)誠実さを伝えるアクション

48.引き込み・回遊型店③店員空間がない場合のアクション術(2)責任感を伝えるアクション

49.引き込み・回遊型店③店員空間がない場合のアクション術(3)熱心さを伝えるアクション

50.引き込み・回遊型店③店員空間がない場合のアクション術(4)客をが客を呼ぶアクション

51.感じが良い接客」と「感じが悪い接客」は個人の「動きの癖」が生み出す

52.外観はよく似た構造でも、売り方が全く違う二つの店

53.「いらっしゃいませ」のタイミングが全く異なる、常連接客と一見接客

54.ネットショップに加えて無人のリアルショップの普及によって、「店」での見知らぬ同士のコミュニケーションが失われていく。

55.希薄な人間関係を背景にした本来の「店」には、店員(売り手)と客(買い手)がお互いに癒し合えるコミュニケーションが存在する

56.ネットショップや無人コンビニ以外に、客が求めている店と接客がある

 

|

« 56.ネットショップや無人コンビニ以外に、客が求めている店と接客がある | トップページ | 58.接客の上手下手は「ことば」ではなく、店員のアクションによって決まる »

◆86年版入りやすい店売れる店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/65835074

この記事へのトラックバック一覧です: 57.急速に進む高齢化と店舗の減少が、「戸板一枚の店」的「移動スーパー」を急増させている:

« 56.ネットショップや無人コンビニ以外に、客が求めている店と接客がある | トップページ | 58.接客の上手下手は「ことば」ではなく、店員のアクションによって決まる »