« (8)ざっくり店舗観察 「ギンザシックス・B1ビューティのその他の店の構造と店員と客のアクション」 | トップページ | 16.コミュニケーションにおける⑦接触信号とは? »

2017年7月 6日 (木)

(59)「じっと見て目を伏せるのはヒロインの動き」(その1)

こんにちは。

リアルショップにやって来た客に対して、直ぐに店員が視線を合わせて挨拶をすると、「なわばり」主張の行為となって、客を遠ざけやすくなります。

反対に、当然気づいているはずなのに、店員が敢えて視線を合わさないようにすると、「なわばり」解除の行為となって、客を遠ざけにくくなります。

しかし、客から声がかかって、質問や相談を受けた場合は、店員は客に程よく視線を合わせながら案内や説明をすることが大切です。

この時、客とほとんど視線を合わせずに、案内や説明をする店員は、あまり案内や説明をしたくないのだと客から思われてしまいます。

そして、客から注文を受けて、包装や精算を終えて、いよいよお見送りをする際には、

「ありがとうございました」

のお礼の言葉と一緒に、きちんと視線を合わせてお辞儀をし、さらに、

「またぜひお越しくださいませ」

のお願いの言葉と一緒に、きちんと視線を合わせてお辞儀をすることができれば、その客が再来店をしてくれる確率は、断然、高いものになります。

なぜなら、意外にも人は、他人から、キチンと視線を合わせて、お礼やお願いなどを言われる機会はほとんどないからです。

もしもあなたが、リアルショップの店員さんだとしたら、
接客三大アクションの「お辞儀」と「うなずき」と「案内」のアクションを行う際には、必ずお客様にきちんと視線を向けて行うことをお勧めいたします。

あなたの一瞬の「視線」が、お客様を感動させてしまうのです…。

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

(59)じっと見て目を伏せるのはヒロインの動き(その1)

相手を選ぶのは男か女か?

かつては選択権があるのは男性で、女性はひたすら男性から選ばれるのを待つだけの存在だと思われていました。

しかし、動物学などの研究が進むにつれて、選択権は、希少価値がある卵子を持った女性の方にあることがわかってきたのです。

●美女!の気になる相手の見方↓

 

34_1_2


現在でも、多くの男性は、自分の意志で相手の女性を選んだと思い込んでいることが多いようですが、そうなるように仕向けたのは実は女性の方かもしれません。

なぜなら、男性は普通、まったく脈がないと思われる女性に対して、そうそうアタックするものではないからです。



34_3_2


つまり、男性が声をかけたということは、それ以前に、女性からある種の情報が発信されており、それを受け止めた男性が行動を開始したという可能性が高いからです。

いわゆるモテる女性は、意識的に、あるいは無意識のうちに、不特定多数の男性に対してこのような情報を出していると考えられます。

もちろん、美人でスタイルがいい女性の方が男性を引き付けやすいことは事実ですが、どんなに身体的な魅力があっても、男性を拒否する動きばかりしている女性には、一般の男性はなかなか近づくことができません。

次回の、「(60)じっと見て目を伏せるのはヒロインの動き(その2)」に続く。


(※以上の文章とイラストは、拙著「人は動きだ!」日本経済新聞社より抜粋したものです)

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

【関連記事】

1.「勢いよく立ち上がる動きはやる気を感じさせる(その1)」


2.
「勢いよく立ち上がる動きはやる気を感じさせる(その2)」


3.
「呼ばれたらすぐ行くだけで前向きだと思われる(その1)」

4.
「呼ばれたらすぐ行くだけで前向きだと思われる(その2)」

5.「十秒長くやるだけで粘り強く見える(その1)」
 

6.「十秒長くやるだけで粘り強く見える(その2)」 

7.「両手を広げて話すと堂々として見える(その1)」 

8.「両手を広げて話すと堂々として見える(その2)」 

9.「姿勢を良くするだけで華やかに見える(その1)」 

10.「姿勢を良くするだけで華やかに見える(その2)」

11.
「元気で明るい人は儲かっている(その1)」 

12.「元気で明るい人は儲かっている(2)」 

13.「ゆっくり動くと一目置かれる(1)」 

14.「ゆっくり動くと一目置かれる(その2)」 

15.「話し始めた人の方を向くと熱心さが伝わる(その1)」 

16.「話し始めた人の方を向くと熱心さが伝わる(その2)」

17.「緊張を保つと関心の強さを表せる」


18.「距離をつめると親しみを感じさせる(その1)」 

19.「距離をつめると親しみを感じさせる(その2)」

20.「机をたたいてあごをしゃくると怒りを爆発させられる(その1)」 

21.「机をたたいてあごをしゃくると怒りを爆発させられる(その2)」

22.「静かに語っても相手を恐れさせられる(その1)」

23.「静かに語っても相手を恐れさせられる(その2)」

24.「脱力した立ち振る舞いは究極の怒りを感じさせる」

25.「中座したり、ぷいと顔をそむけると相手を動揺させられる(その1)」

26.「中座したり、ぷいと顔をそむけると相手を動揺させられる(2)」

27.「態度の急変は相手の不安をかきたてる(その1)」

28.「態度の急変は相手の不安をかきたてる(その2)」

29.「全身を制御したお辞儀は強い反省を伝える(その1)」

30.「全身を制御したお辞儀は強い反省を伝える(その2)」

31.「早いお詫びは相手の怒りを鎮める」

32.「何度も詫びると相手の溜飲を下げる」

33.「きちんとお礼を言わなければ心からの感謝は通じない(その1)」

34.「「きちんとお礼を言わなければ心からの感謝は通じない(その2)」

35.「きちんとお礼を言わなければ心からの感謝は通じない(その3)」

36.「力を抜いて身体を低くすると相手の立場を上にできる(その1)」

37.「力を抜いて身体を低くすると相手の立場を上にできる(その2)」

38.「緊張したまま不動を保つと、礼儀正しく感じられる(その1)」

39.「緊張したまま不動を保つと、礼儀正しく感じられる(その2)」

40.「後ろに下がるだけで控えめになる」

41.「相手を動かさないように自分が動くと下手になる(その1)」

42.「相手を動かさないように自分が動くと下手になる(その2)」

43.「繰り返し頭を下げる動きは相手を立てる(その1)」

44.「繰り返し頭を下げる動きは相手を立てる(その2)」

45.「そっと物を差し出すだけで思いやりが伝わる(その1)」

46.「そっと物を差し出すだけで思いやりが伝わる(その2)」

47.「相手のミスを責めないといい人だと思われる(その1)」

48.「相手のミスを責めないといい人だと思われるその(2)」

49.「相手をよく見る人は親切な人(その1)」

50.「相手をよく見る人は親切な人(その2)」

51.「やさしくうなずく人は親しみやすい」

52.きちんと指をさせば人は必ず動く(その1)

53.「きちんと指をさせば人は必ず動く(その2)」 

  • 54.「手のひらを突き出せばはっきり断れる(その1)」

    55.「手のひらを突き出せばはっきり断れる(その2)」
  • 56.「力強くうなずくと信頼性が増す」

    57.身を乗り出してしゃべると自主性が感じられる

    58.「空中をたたくと自信がみなぎる」
  •  

     

     

    |

    « (8)ざっくり店舗観察 「ギンザシックス・B1ビューティのその他の店の構造と店員と客のアクション」 | トップページ | 16.コミュニケーションにおける⑦接触信号とは? »

    ◆人は動きだ!」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/65488229

    この記事へのトラックバック一覧です: (59)「じっと見て目を伏せるのはヒロインの動き」(その1):

    « (8)ざっくり店舗観察 「ギンザシックス・B1ビューティのその他の店の構造と店員と客のアクション」 | トップページ | 16.コミュニケーションにおける⑦接触信号とは? »