« (34)「「きちんとお礼を言わなければ心からの感謝は通じない(その2)」 | トップページ | (36)「力を抜いて身体を低くすると相手の立場を上にできる(その1)」 »

2017年5月20日 (土)

(35)「きちんとお礼を言わなければ心からの感謝は通じない(その3)」

こんにちは。

リアルショップの店員の接客の基本は、代表的な「接客用語」を使って、お客様に対応することです。

※①「ありがとうございました」 ②「少々お待ちください」 ③「かしこまりました」 ④「申し訳ございません」 ⑤「お待たせいたしました」 ⑥「恐れ入ります」 ⑦「いらっしゃいませ」  ⑧「失礼いたします」 (以上が接客八大用語)

コンビニなどのセルフサービス方式のレジカウンターだけの短い接客においては、「接客用語」だけでも、店員としての最低限のサービスの提供はできますが、短い接客用語にたった一つの「動き」を加えるだけで、感動的な接客サービスを提供することができます。

それが、「
お辞儀アクション」なのです。

先ほどの全ての接客用語に、「会釈(15度)」程度の「
お辞儀アクション」を伴うだけで、「なんと感じが良い接客だろう!」という印象を与えることができます。

スーパーなどのレジカウンターで行われる、両手を組んだお辞儀の仕方がいろいろと物議をかもしていますが、「ありがとうございました」のお礼の言葉と共に、会釈程度の浅い「お辞儀アクション」をするだけで十分なのです。

店員の言葉に伴われる「お辞儀アクション」は、一瞬にしてお客様を元気にさせる、魔法のアクションなのです。

さて今日は、「リアルショップの店員のお礼の仕方」についてのお話です。


星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

(35)きちんとお礼を言わなければ心からの感謝は通じない(その3)

また、店員や係員が客にお礼を言うときには、客はお礼を言われることがよくわかっているので、激しい動きを使う必要はありません。


19_3

 

この場合は、力を抜いたへりくだった動きで頭を下げます。

高級な店の場合にはきちんとお辞儀をすることが必要ですが、一般的な店の場合には、あまりにもていねいなお辞儀は仰々しく、また混んだ店では時間がかかりすぎて実用的ではないので浅めに頭を下げます。

次回の、(36)「力を抜いて身体を低くすると相手の立場を上にできる」に続く。

 

(※以上の文章とイラストは、拙著「人は動きだ!」日本経済新聞社より抜粋したものです)

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします

 
人気ブログランキングへ


【関連記事】

1.「勢いよく立ち上がる動きはやる気を感じさせる(その1)」


2.
「勢いよく立ち上がる動きはやる気を感じさせる(その2)」


3.
「呼ばれたらすぐ行くだけで前向きだと思われる(その1)」

4.
「呼ばれたらすぐ行くだけで前向きだと思われる(その2)」

5.「十秒長くやるだけで粘り強く見える(その1)」

6.「十秒長くやるだけで粘り強く見える(その2)」

7.「両手を広げて話すと堂々として見える(その1)」

8.「両手を広げて話すと堂々として見える(その2)」

9.「姿勢を良くするだけで華やかに見える(その1)」

10.「姿勢を良くするだけで華やかに見える(その2)」

11.
「元気で明るい人は儲かっている(その1)」

12.「元気で明るい人は儲かっている(2)」

13.「ゆっくり動くと一目置かれる(1)」

14.「ゆっくり動くと一目置かれる(その2)」

15.「話し始めた人の方を向くと熱心さが伝わる(その1)」

16.「話し始めた人の方を向くと熱心さが伝わる(その2)」

17.「緊張を保つと関心の強さを表せる」


18.「距離をつめると親しみを感じさせる(その1)」

19.「距離をつめると親しみを感じさせる(その2)」

20.「机をたたいてあごをしゃくると怒りを爆発させられる(その1)」

21.「机をたたいてあごをしゃくると怒りを爆発させられる(その2)」

22.「静かに語っても相手を恐れさせられる(その1)」

23.「静かに語っても相手を恐れさせられる(その2)」

24.「脱力した立ち振る舞いは究極の怒りを感じさせる」

25.「中座したり、ぷいと顔をそむけると相手を動揺させられる(その1)」

26.「中座したり、ぷいと顔をそむけると相手を動揺させられる(2)」

27.「態度の急変は相手の不安をかきたてる(その1)」

28.「態度の急変は相手の不安をかきたてる(その2)」

29.「全身を制御したお辞儀は強い反省を伝える(その1)」

30.「全身を制御したお辞儀は強い反省を伝える(その2)」

31.「早いお詫びは相手の怒りを鎮める」

32.「何度も詫びると相手の溜飲を下げる」

33.「きちんとお礼を言わなければ心からの感謝は通じない(その1)」

34.「「きちんとお礼を言わなければ心からの感謝は通じない(その2)」

|

« (34)「「きちんとお礼を言わなければ心からの感謝は通じない(その2)」 | トップページ | (36)「力を抜いて身体を低くすると相手の立場を上にできる(その1)」 »

◆人は動きだ!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (35)「きちんとお礼を言わなければ心からの感謝は通じない(その3)」:

« (34)「「きちんとお礼を言わなければ心からの感謝は通じない(その2)」 | トップページ | (36)「力を抜いて身体を低くすると相手の立場を上にできる(その1)」 »