« (29)「全身を制御したお辞儀は強い反省を伝える(その1)」 | トップページ | (31)「早いお詫びは相手の怒りを鎮める」 »

2017年5月15日 (月)

(30)「全身を制御したお辞儀は強い反省を伝える(その2)」

こんにちは。

日本人は「
お辞儀」をよくする国民だと言われています。

挨拶をする時はもちろんのこと、お礼やお詫びやお願いをする時にも、お辞儀をします。

「ことば」と共に「お辞儀」をすることは、挨拶やお礼やお詫びやお願いの気持ちをよりわかりやすく表現するために、長年に渡って日本人が継承してきた、人間関係を円滑にするための創意工夫なのです。

しかし、ただ「お辞儀」をすれば良いというものではなく、お辞儀の仕方によっては、挨拶やお礼やお詫びやお願いの「ことばの内容」とは裏腹な「動きの情報」が表現されてしまうので注意が必要です。

したがって、正しいお辞儀の仕方を理解し、その場に応じた正しい「
お辞儀アクション」をトレーニングして、習得しておく必要があるのです。

よくTVのニュースで、問題を引き起こした企業の責任者が、お詫びの会見をして「お辞儀」をするシーンが報道されていますが、その時の「お辞儀」の仕方によっては、全く誠意が感じられないとか、心から詫びているとは思えない等の批判が起きることも珍しくありません。

正しい「お辞儀」を行うためには、上に向かって圧力を抜く「
協調の動き」と、前に向かってゆっくり進む「接近の動き」を同時に行う必要があります。

TVのニュースなどで、大企業のトップが、とても反省しているとは思えない不遜な「お辞儀」をしてしまうのは、一代で大きな会社を築いた企業のトップは、往々にして、上に向かって圧力を入れる「
独断の動き」と前に唐突に飛び出す「突進の動き」を持ち合わせていることが多いために、お詫びの「お辞儀」は最も苦手とするアクションだからなのです。

今後のTVのニュースでは、不自然になりやすい「企業のトップのお詫びの仕方」に注目してみてください。

さて今日は、「全身をコントロールして行うお辞儀が発信する情報」についてのお話です。


星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

(30)全身を制御したお辞儀は強い反省を伝える(その2)

座って謝るときのポイントは、やはり上半身の力を抜くことと、ひぎをきちんとそろえることです。

手はひざの上に置き、頭を下げるのに従って両ひじを開いていくと、じやまにならず、しかも大変格式ばって見えます。


5_1_1big


頭をひざに触れるぐらい下げたらしばらく静止し、反省の気持ちを表現します。

この間、たとえ相手から罵倒されても怒って頭を上げてはいけません。

ひたすら頭を下げ続けるのがこういうときの約束事なのです。

ビジネス上の謝罪の場合、自分に落ち度がないにもかかわらず、部下や関係者のために謝らなければならないことが多々あります。

そのときに単なる責任逃れに見えないように、きちんと謝る動きをすることが解決を早めるのです。

次回の、(31)「早いお詫びは相手の怒りを鎮める」に続く。


(※以上の文章とイラストは、拙著「人は動きだ!」日本経済新聞社より抜粋したものです)

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします

 
人気ブログランキングへ

【関連記事】

1.「勢いよく立ち上がる動きはやる気を感じさせる(その1)」


2.
「勢いよく立ち上がる動きはやる気を感じさせる(その2)」


3.
「呼ばれたらすぐ行くだけで前向きだと思われる(その1)」

4.
「呼ばれたらすぐ行くだけで前向きだと思われる(その2)」

5.「十秒長くやるだけで粘り強く見える(その1)」

6.「十秒長くやるだけで粘り強く見える(その2)」

7.「両手を広げて話すと堂々として見える(その1)」

8.「両手を広げて話すと堂々として見える(その2)」

9.「姿勢を良くするだけで華やかに見える(その1)」

10.「姿勢を良くするだけで華やかに見える(その2)」

11.
「元気で明るい人は儲かっている(その1)」

12.「元気で明るい人は儲かっている(2)」

13.「ゆっくり動くと一目置かれる(1)」

14.「ゆっくり動くと一目置かれる(その2)」

15.「話し始めた人の方を向くと熱心さが伝わる(その1)」

16.「話し始めた人の方を向くと熱心さが伝わる(その2)」

17.「緊張を保つと関心の強さを表せる」


18.「距離をつめると親しみを感じさせる(その1)」

19.「距離をつめると親しみを感じさせる(その2)」

20.「机をたたいてあごをしゃくると怒りを爆発させられる(その1)」

21.「机をたたいてあごをしゃくると怒りを爆発させられる(その2)」

22.「静かに語っても相手を恐れさせられる(その1)」

23.「静かに語っても相手を恐れさせられる(その2)」

24.「脱力した立ち振る舞いは究極の怒りを感じさせる」

25.「中座したり、ぷいと顔をそむけると相手を動揺させられる(その1)」

26.「中座したり、ぷいと顔をそむけると相手を動揺させられる(2)」

27.「態度の急変は相手の不安をかきたてる(その1)」

28.「態度の急変は相手の不安をかきたてる(その2)」

29.「全身を制御したお辞儀は強い反省を伝える(その1)」

|

« (29)「全身を制御したお辞儀は強い反省を伝える(その1)」 | トップページ | (31)「早いお詫びは相手の怒りを鎮める」 »

◆人は動きだ!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/65262313

この記事へのトラックバック一覧です: (30)「全身を制御したお辞儀は強い反省を伝える(その2)」:

« (29)「全身を制御したお辞儀は強い反省を伝える(その1)」 | トップページ | (31)「早いお詫びは相手の怒りを鎮める」 »