« (18)「距離をつめると親しみを感じさせる(その1)」 | トップページ | (20)「机をたたいてあごをしゃくると怒りを爆発させられる(その1)」 »

2017年5月 4日 (木)

(19)「距離をつめると親しみを感じさせる(その2)」

こんにちは。

初対面の人とできるだけ早く親しくなるコツは、その人に接近することです。

前回ご説明しました、エドワードホールの「密接距離」、つまり、相手の45センチ内エリアに接近することによって、あっという間に親しくなることができます。

しかし、大抵の人にとっては、なかなかうまくいかないのが現実です。

一体それは何が原因しているのでしょうか?

初対面の人であっても、直ぐに親しくなることができる人は、間違いなく「
接近の動き」と「虚脱の動き」を持っている人で、身体全体をリラックスさせて、ゆっくりと相手に近づくことが得意な人です。

敵意がないことを表現しながら、ゆっくりと相手に近づくことで、相手に警戒させることなく、45cm内エリアに簡単に入って行くことができるのです。

いったん、45センチ内エリアに入りさえすれば、相手もすぐに打ち解けて、次第に会話がはずみます。

他人とすぐに親しくなれるということは、それだけでその人の立派な特技なのです。

このことを理解して、あなたの身近な上司や部下や同僚の中の「接近のスペシャリスト」を発見してください。

さて今日は、テーブルに座った場合の、接近の極意技をご説明いたします。


星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

(19)距離をつめると親しみを感じさせる(その2)

相手と対面したときに、前にどの程度乗り出せばいいかは、そのときの部屋の広さや机の大きさなどによって相対的に変わります。

不自然さがないことが何よりも大切なので、自分の感覚を大切にして対応してください。

その点、机の角や丸テーブルの場合は相手の横にいるので、相手の縄張りである机を侵すことなく、実際に二人の距離をつめることができるのではるかに有利です。

人を含めた多くの動物は、真正面から近づいてくるものには敵対しますが、横からゆっくり近づくものに対しては比較的寛容だからです。

丸い机の隣にいる相手に近づくためには、まず、相手に笑いかけ、相手が好意的な反応をしたら(少なくとも激しく拒否しなければ)身体をゆっくり前に傾けます。


10_1a 

 

 

このとき、あまり手を前に出さず、相手の縄張りを侵さないように注意します。

そのままの姿勢で相手に話しかけ、それでも相手が好意的な反応をしたら (少なくとも激しく拒否しなければ)、今度は足に重心をかけて、相手の横に来るように身体を引き寄せます (回転イスの場合はイスごと、普通のイスの場合は
お尻をずらす)。

 

10_1b 

 

このときも、手をあまり前に出さず、手よりも身体の方を相手に近づけるイメージで動きます。

真正面から近づいてくる人は怖いですが、側面から近づいてくる人はあまり怖くないからです。

無事に相手のそばに来たら、敵意がないことを伝えるために、思いっきりにっこりしましょう。


10_1c 

 

 

しばらくは力を抜いて身体を小さくして、相手の縄張りを侵す意図がないことを表現し、相手が慣れてきたら、自然な態勢に戻って話を続けます。

これがうまくいけば、二人はそれ以前よりはるかに親しくなっているはずです。

次回の、(20)「机をたたいてあごをしゃくると怒りを爆発させられる」に続く。


(※以上の文章とイラストは、拙著「人は動きだ!」日本経済新聞社より抜粋したものです)

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします

 
人気ブログランキングへ

【関連記事】

1.「勢いよく立ち上がる動きはやる気を感じさせる(その1)」


2.
「勢いよく立ち上がる動きはやる気を感じさせる(その2)」


3.
「呼ばれたらすぐ行くだけで前向きだと思われる(その1)」

4.
「呼ばれたらすぐ行くだけで前向きだと思われる(その2)」

5.「十秒長くやるだけで粘り強く見える(その1)」

6.「十秒長くやるだけで粘り強く見える(その2)」

7.「両手を広げて話すと堂々として見える(その1)」

8.「両手を広げて話すと堂々として見える(その2)」

9.「姿勢を良くするだけで華やかに見える(その1)」

10.「姿勢を良くするだけで華やかに見える(その2)」

11.
「元気で明るい人は儲かっている(その1)」

12.「元気で明るい人は儲かっている(2)」

13.「ゆっくり動くと一目置かれる(1)」

14.「ゆっくり動くと一目置かれる(その2)」

15.「話し始めた人の方を向くと熱心さが伝わる(その1)」

16.「話し始めた人の方を向くと熱心さが伝わる(その2)」

17.「緊張を保つと関心の強さを表せる」


18.「距離をつめると親しみを感じさせる(その1)」

|

« (18)「距離をつめると親しみを感じさせる(その1)」 | トップページ | (20)「机をたたいてあごをしゃくると怒りを爆発させられる(その1)」 »

◆人は動きだ!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/65221614

この記事へのトラックバック一覧です: (19)「距離をつめると親しみを感じさせる(その2)」:

« (18)「距離をつめると親しみを感じさせる(その1)」 | トップページ | (20)「机をたたいてあごをしゃくると怒りを爆発させられる(その1)」 »