« (9)「姿勢を良くするだけで華やかに見える(その1)」 | トップページ | (11)「「元気で明るい人は儲かっている(その1))」 »

2017年4月25日 (火)

(10)「姿勢を良くするだけで華やかに見える(その2)」

こんにちは。

プレゼンテーションをうまく行うために、正しい姿勢をとることは、大変有効です。

しかし、話をしている間中、正しい姿勢を保ち続ける必要は全くありません。

正しい姿勢をとることばかりを意識することによって、その人本来の表現力を失いやすいからです。

話し始める最初の1~2分間だけ正しい姿勢を保ち、合間に所々で正しい姿勢をとり、最後にやはり正しい姿勢で締めの話をする以外は、自分本来の動きに任せても大丈夫です。

不慣れな結婚式のスピーチで、上がってしまい不本意な結果に終わりやすいのは、着慣れない礼服を着て、普段はしたことがない正しい姿勢で話をすることが大きな原因なのです。

大勢の前でのスピーチをうまく乗り切るためには、やはり普段から、正しい姿勢で話をすることに慣れておくことが大切なのです。

さて今日は、「華やかに見える姿勢」の後半の話です。


星座の場所を
応援クリック
お願いいたします

 
人気ブログランキングへ

(10)姿勢を良くするだけで華やかに見える(その2)

正しい立ち方とは、決して無理に身体を上に伸ばすことではありません。

大切なのは、頭を重心の上に乗せ、ちょうど皿回しの皿を棒の上に乗せるようにしてバランスを取ることです。

猫背の人が前に出た首を筋肉の力で強引に支えているから首が凝りやすいように、それぞれの人がとっている不自然な姿勢は、筋肉に無理な負荷をかけ、身体を疲れさせやすいのです。

姿勢を良くすると身体が大きく見える上に、首や肩や腕などが正しい位置に置かれるので、関節や筋肉を生かした美しい動きをすることができます。


美しい動きとは無駄が少ない動きなので、姿勢を良くすると健康も改善するといわれています。

05_2


人にはそれぞれ自分が得意な動きがあるために、人は普段からその動きを生み出しやすい姿勢を保っています。


しかし、日常生活の中では、私たちはほとんど自分の動きや姿勢を意識することはありません。

そのため、自分が非常に変わった姿勢や個性的な動きをしているということになかなか気づくことができないのです。

そこで、ときには自分の姿勢を正し、日常の動き方を振り返ってみることが大切なのです。

次回の、(11)「元気で明るい人は儲かっている(その1)」に続く。

(※以上の文章とイラストは、拙著「人は動きだ!」日本経済新聞社より抜粋したものです)

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします

 
人気ブログランキングへ

【関連記事】

1.「勢いよく立ち上がる動きはやる気を感じさせる(その1)」

2.
「勢いよく立ち上がる動きはやる気を感じさせる(その2)」


3.
「呼ばれたらすぐ行くだけで前向きだと思われる(その1)」

4.
「呼ばれたらすぐ行くだけで前向きだと思われる(その2)」

5.「十秒長くやるだけで粘り強く見える(その1)


6.「十秒長くやるだけで粘り強く見える(その2)」

7.「両手を広げて話すと堂々として見える(その1)」

8.「両手を広げて話すと堂々として見える(その2)」

9.「姿勢を良くするだけで華やかに見える(その1)」

|

« (9)「姿勢を良くするだけで華やかに見える(その1)」 | トップページ | (11)「「元気で明るい人は儲かっている(その1))」 »

◆人は動きだ!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/65174903

この記事へのトラックバック一覧です: (10)「姿勢を良くするだけで華やかに見える(その2)」:

« (9)「姿勢を良くするだけで華やかに見える(その1)」 | トップページ | (11)「「元気で明るい人は儲かっている(その1))」 »