« (59)唐突に勧めるために、勘違いや誤解が生じていることに気付かず、がっかりすることを繰り返す、店員の動きとは? | トップページ | (60)やる気や、積極性が感じられない、店員の動きとは? »

2017年1月29日 (日)

(24)お辞儀アクション7お辞儀をしない(1)アクション言語

こんにちは。

「いらっしゃいませ」

「お待たせいたしました」

「かしこまりました」

「少々お待ちください」

「申し訳ございません」

「恐れ入ります」

「ありがとうございます」

以上の接客用語は、接客七大用語として、

日本の接客現場に定着している「ことば」です。

しかし、以上の「ことば」は、正しい「お辞儀アクション」を伴って初めて

お客様を上手(うわて)にして、店員が下手(したて)な立場であることを

伝えることができるのです。

ところが、

正しい「お辞儀アクション」を行うためには、

接近の動き」と「協調の動き」を使わなければなりません。

店員の裁量に任せた「お辞儀アクション」が往々にして失敗するのは、

お辞儀にはふさわしくないそれぞれの動きの癖が、

感じの悪い「お辞儀アクション」を生み出してしまうからです。

そしてまた、店員の中には、

「お辞儀アクション」を一切しないで、

上記の「接客七大用語」だけを、はっきりと話す人がいます。

その人は、前後&上下の動きがないタイプで、

じっとして動かない「不動の動き」が「動きの癖」であるために、

「お辞儀」をすることが最も苦手なのです。

確かに、

個人の「動きの癖」を変えることは大変難しいことですが、

「お辞儀アクション」だけに限った「動き」を訓練することは可能です。

どうか、「お辞儀アクション」が苦手な人は、

ぜひとも正しい「お辞儀アクション」を修得されて、

百の「ことば」よりも、一瞬の「身体の動き」(=お辞儀)の方が、

お客様を動かす遙かに大きな力(パワー)になるということを実感してください。

さて、今日は、

次の七つの「お辞儀アクション」の内の、最後のお話です。

1.ゆっくり下げて、ゆっくり上げる「お辞儀アクション」

2.ゆっくり下げて、勢いよく上げる「お辞儀アクション」

3.勢いよく下げて、ゆっくり上げる「お辞儀アクション」

4.勢いよく下げて、勢いよく上げる「お辞儀アクション」

5.脱力して下げて、ゆっくり上げる「お辞儀アクション」

6.脱力して下げて、勢いよく上げる「お辞儀アクション」

7.ほとんど動かない「お辞儀アクション」

080a


080b

(24)お辞儀アクション7 お辞儀をしない


Fudo_2
※「不動の動き」なので静止画です。



(1)アクション言語

【本心が分からない】

【不信】

このアク太郎は、お辞儀をまったく しないで、

「あいさつ」「お礼」「お詫 び」「お願い」のことばだけを

話しているところです。

この「お辞儀をしない」アクション からは、

「本心がわから ない」

「不信」

というア クション言語が伝わり ます。


※明後日の、

「(25)お辞儀アクション7お辞儀をしない(2)うまくいく場合・うまくいかない場合」

に続く。

(※以上の文章とイラストは、アプリ・「接客上手下手はアクションで決まる」より抜粋したものです)

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ


【関連記事】

1.コミュニケーションは文字やことばだけではうまくいかない

2.コミュニケーションで一番大切なのはアクション

3.接客コミュニケーションでも一番大切なのはアクション

4.日本の接客上手下手を決める3つのアクション

5.日本独自の3つの接客アクションが発信する「アクション言語

6.なぜ、「日本の店」は特別な空間なのか?

7.なぜ、日本の店はお客様を心からもてなすのか?

8.日本人はみんな接客をして生きている

9.接客の上手下手を決める3つのアクションは、ロボットがご紹介します

10.お辞儀アクションはいつ使われるか?

11.お辞儀アクションの角度

12.お辞儀アクションの分類

13.お辞儀アクション1.頭をゆっくり下げて、ゆっくり上げる(1)アクション言語

14.お辞儀アクション1.頭をゆっくり下げて、ゆっくり上げる(2)うまくいく場合・うまくいかない場合」

15.お辞儀アクション2 頭をゆっくり下げて、勢いよく上げる(1)アクション言語

16.お辞儀アクション2.頭をゆっくり下げて、勢いよく上げる(2)うまくいく場合・うまくいかない場合

17.お辞儀アクション3.頭を勢いよく下げて、ゆっくり上げる(1)アクション言語

18.お辞儀アクション3 頭を勢いよく下げて、ゆっくり上げる(2)うまくいく場合・うまくいかない場合

19.お辞儀アクション4 頭を勢いよく下げて、勢いよく上げる(1)アクション言語

20.お辞儀アクション4 頭を勢いよく下げて、勢いよく上げる(2)うまくいく場合・うまくいかない場合

21.お辞儀アクション5 頭を脱力して下げて、ゆっくり上げる(1)アクション言語

22.お辞儀アクション5 頭を脱力して下げて、ゆっくり上げる(2)うまくいく場合・うまくいかない場合

23.お辞儀アクション6頭を脱力して下げて、勢いよく上げる(1)アクション言語」

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

|

« (59)唐突に勧めるために、勘違いや誤解が生じていることに気付かず、がっかりすることを繰り返す、店員の動きとは? | トップページ | (60)やる気や、積極性が感じられない、店員の動きとは? »

◆接客上手下手はアクションで決まる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (24)お辞儀アクション7お辞儀をしない(1)アクション言語:

« (59)唐突に勧めるために、勘違いや誤解が生じていることに気付かず、がっかりすることを繰り返す、店員の動きとは? | トップページ | (60)やる気や、積極性が感じられない、店員の動きとは? »