« (55)一端、こうだと決めたら、どこまでも突き進むタイプの、店員の動きとは? | トップページ | (56)お客様の質問に対して、間違いだけを指摘して、その後は全く関わり合わない、店員の動きとは? »

2017年1月21日 (土)

(20)お辞儀アクション4 頭を勢いよく下げて、勢いよく上げる(2)うまくいく場合・うまくいかない場合

こんにちは。

リアルショップの店員は、よくお辞儀をします。

お辞儀をしない店員は、愛想なしだと思われます。

なぜ、店員だけが特にお辞儀を求められるのでしょうか?

お客様がお金を払ってくれる人だから、

お辞儀をしているのではありません。

それは、店が店員の「なわばり」だからなのです。

お客様は、店員の「なわばり」に入って買い物をしなければいけません。

だから、お客様の抵抗をできるだけ少なくするために、

店員は、できるだけ、

「なわばり」を解除しなければならないのです。

その点、お辞儀は、

相手を上手(うわて)にして、

自分が下手(したて)な立場であることを表現する「アクション」なので、

「なわばり」を解除しやすいのです。

すなわち、「なわばり」を解除して、

お客様に少しでも楽しく買い物をして頂くために、

リアルショップの店員は頻繁に「お辞儀」をするのです。

リアルショップの店長や幹部の方々は、

ぜひこのことを、すべての店員さんに教えてあげてください。

店員が下手(したて)にでたからといって、

お客様がみんな無理難題を言うわけではありません。

自分を「神様」だと誤解するような客は、ほんの少数です。

大多数のお客様は、

店員がなぜ自分にお辞儀をしてくれるのかを

何となくわかっているものなのです。

さて、今日は、

やはり、次の七つの「お辞儀アクション」を念頭に入れて頂きまして、

1.ゆっくり下げて、ゆっくり上げる「お辞儀アクション」

2.ゆっくり下げて、勢いよく上げる「お辞儀アクション」

3.勢いよく下げて、ゆっくり上げる「お辞儀アクション」

4.勢いよく下げて、勢いよく上げる「お辞儀アクション」

5.脱力して下げて、ゆっくり上げる「お辞儀アクション」

6.脱力して下げて、勢いよく上げる「お辞儀アクション」

7.ほとんど動かない「お辞儀アクション」

前回の、

「(19)お辞儀アクション4 頭を勢いよく下げて、勢いよく上げる(1)アクション言語」

に続いて、

「(20)お辞儀アクション4頭を勢いよく下げて、勢いよく上げる(2)うまくいく場合・うまくいかない場合」

というお話をいたします。

062a


062b



(20)お辞儀アクション4 頭を勢いよく下げて、勢いよく上げる

(1)うまくいく場合・うまくいかない場合

◆接客には不向きなお辞儀

このお辞儀アクションは、

上と下の両 方に向かって勢いよく動く癖のある人 がやりがちなお辞儀です。

このお辞儀 アクションからは、

「自分勝手な熱意」 「強い服従」というアクション言語が発信されるために、

接客には不向きです。

ただし、鮮魚売り場や一部の居酒 屋などのように、

特別に威勢のよさを 売り物にしている店で使われること があります。

◆強い服従を表すお辞儀

このお辞儀は、

体育会系の部員や 自衛隊のような規律の厳しい組織で見られます。

組織に対する一体感や個人の存在を無くした強い忠誠心を表すお辞儀として、

行われるのが一般的です。


◆自分勝手なアイドルのお辞儀

あなたが若い男性アイドルで、

元気 で生意気なキャラでファンの人気を得ているなら、

このお辞儀アクションがぴったりです。

しかし、若さにまかせた勢いのいいお辞儀をしているアイ ドルも、

時間がたって大人のスターになると、

様々なお辞儀アクションを使 い分けられるようになります。


065


◆親しい仲間へのお辞儀

私たちは普段の人間関係の中で、

何気なく様々なお辞儀を繰り返して います。

きちんとしたお辞儀だけが正しいというわけではなく、

様々なお辞儀アクションをうまく使いこなして、

状況にあったアクション言語を発信す ることが、

コミュニケーション上手の ポイントなのです。

友達同士や親しい仲間の間では、

フォーマルの場では使われることのない勢いのいい浅いお辞儀がよく見 られます。

知らない相手に対しては失礼になるこのお辞儀をあえてするこ とによって、

お互いの親密さを表現しているのです。

※明後日の、

「(21)お辞儀アクション5 頭を脱力して下げて、ゆっくり上げる(1)アクション言語」に続く。

(※以上の文章とイラストは、アプリ・「接客上手下手はアクションで決まる」より抜粋したものです)

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ


【関連記事】

1.コミュニケーションは文字やことばだけではうまくいかない

2.コミュニケーションで一番大切なのはアクション

3.接客コミュニケーションでも一番大切なのはアクション

4.日本の接客上手下手を決める3つのアクション

5.日本独自の3つの接客アクションが発信する「アクション言語

6.なぜ、「日本の店」は特別な空間なのか?

7.なぜ、日本の店はお客様を心からもてなすのか?

8.日本人はみんな接客をして生きている

9.接客の上手下手を決める3つのアクションは、ロボットがご紹介します

10.お辞儀アクションはいつ使われるか?

11.お辞儀アクションの角度

12.お辞儀アクションの分類

13.お辞儀アクション1.頭をゆっくり下げて、ゆっくり上げる(1)アクション言語

14.お辞儀アクション1.頭をゆっくり下げて、ゆっくり上げる(2)うまくいく場合・うまくいかない場合」

15.お辞儀アクション2 頭をゆっくり下げて、勢いよく上げる(1)アクション言語

16.お辞儀アクション2.頭をゆっくり下げて、勢いよく上げる(2)うまくいく場合・うまくいかない場合

17.お辞儀アクション3.頭を勢いよく下げて、ゆっくり上げる(1)アクション言語

18.お辞儀アクション3 頭を勢いよく下げて、ゆっくり上げる(2)うまくいく場合・うまくいかない場合

19.お辞儀アクション4 頭を勢いよく下げて、勢いよく上げる(1)アクション言語

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

|

« (55)一端、こうだと決めたら、どこまでも突き進むタイプの、店員の動きとは? | トップページ | (56)お客様の質問に対して、間違いだけを指摘して、その後は全く関わり合わない、店員の動きとは? »

◆接客上手下手はアクションで決まる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (20)お辞儀アクション4 頭を勢いよく下げて、勢いよく上げる(2)うまくいく場合・うまくいかない場合:

« (55)一端、こうだと決めたら、どこまでも突き進むタイプの、店員の動きとは? | トップページ | (56)お客様の質問に対して、間違いだけを指摘して、その後は全く関わり合わない、店員の動きとは? »