« (53)自分が良いと思う商品を、お客様にどんどん勧めたくなってしまう、店員の動きとは? | トップページ | (54)お客様の要望を、意固地なまでに追及する職人タイプの、店員の動きとは? »

2017年1月17日 (火)

(18)お辞儀アクション3 頭を勢いよく下げて、ゆっくり上げる(2)うまくいく場合・うまくいかない場合

こんにちは。

リアルショップの店員に対して横柄な態度をとる客や

店員に必要以上に文句を言う客のニュースが、

紙上&ネットを問わず多く見られます。

そして、必ず、店員が「お客様を神様扱い」し過ぎていることが

大きな要因になっていると嘆かれています。

今、ご説明を続けています「接客三大アクション」は、

いずれも、一瞬にしてお客様を上手(うわて)にし、

店員を下手(したて)な立場にするアクションです。

しかし、お客様を上手(うわて)にすることは、

決して、お客様を「神様」にする行為ではありません。

反対に、「お客様は神様だぞ!」等という客の言動をコントロールするために、

一番有効な接客技術なのです。

つまり、店員が下手(したて)に出るから客がつけあがるのではなく、

店員が「お辞儀アクション」などを失敗することによって

無意識のうちに上手(うわて)な態度になることが、

客の怒りや、「神様扱いしろ!」などという言動を生み出しているのです。

このような状況は、現状のリアルショップにおいて、

少なからず観察することができます。

見知らぬ人に限らず、様々な人間関係での

コミュニケーションをうまく行う秘訣は、

相手を上手(うわて)にして、

自分を下手(したて)にした言動をとることなのです。


さて、本日も、

次の七つの「お辞儀アクション」があることを必ず念頭に入れた上で、

お読み頂きますよう…。

1.ゆっくり下げて、ゆっくり上げる「お辞儀アクション」

2.ゆっくり下げて、勢いよく上げる「お辞儀アクション」

3.勢いよく下げて、ゆっくり上げる「お辞儀アクション」

4.勢いよく下げて、勢いよく上げる「お辞儀アクション」

5.脱力して下げて、ゆっくり上げる「お辞儀アクション」

6.脱力して下げて、勢いよく上げる「お辞儀アクション」

7.ほとんど動かない「お辞儀アクション」


それでは今日は、前回の

「(17)お辞儀アクション3.頭を勢いよく下げて、ゆっくり上げる(1)アクション言語

に続いて、

「(18)お」辞儀アクション3 頭を勢いよく下げて、ゆっくり上げる

(2)うまくいく場合・うまくいかない場合」というお話です。

056a_2

56b

(18)お」辞儀アクション3 頭を勢いよく下げて、ゆっくり上げる

(2)うまくいく場合・うまくいかない場合

◆強く訴えたい時のお辞儀

このお辞儀アクションは、

下に向かって勢いよく動く癖のある人がやりがちなお辞儀です。

このお辞儀アクションからは

「熱意」「気持ちの強 さ」というアクション言語が発信されるために、

何かを強く訴えたい時には功を奏します。

接客の時には、

熱意を持ってお客 様を説得するという場面で重要な役割を果たします。

例えば、

お客様に自分が責任を持って実行するから

ぜひとも受け入れてもらいたいという時に、

「お願いします!」と勢いよく頭を下げて、

ゆっくり上げると熱い意志が伝わります。

また、お客様がそれを受け入れてくれた場合には、

再び勢いよく頭を下げてゆっくりあげることで、

「心から熱 く感謝している。必ず実行する意志がある」

ということを表現できます。

058_2



このお辞儀アクションは、

熱意を表現する非常にドラマチックなアクショ ンなので、

ドラマや映画の中では、

信念を持って何かを実行しようとする 主人公が、

反対する上司や先輩を熱く説き伏せていく時の

一連のシーンでひんぱんに使われています。


◆押しつけがましくならないことが肝心

060_3


このお辞儀アクションは非常に強 力なので、

何でもない時に使うと、

「押しつけがましい」「暑苦しい」と思 われやすいので注意が必要です。

いわゆる熱血タイプの店長などには

このお辞儀アクションをする人が多いのですが、

その頻度が多すぎる と、

業種や扱い商品によっては雰囲気が合わないことがあります。

接客が上手な人は、

普段は「頭をゆっくり下げて、ゆっくり上げる」お辞儀アク ションを使い、

ここぞという時にだけ、

この「頭を勢いよく下げて、ゆっくり 上げる」

お辞儀アクションを使っています。

※明後日の、「(19)お辞儀アクション4 頭を勢いよく下げて、勢いよく上げる(1)アクション言語」に続く。

(※以上の文章とイラストは、アプリ・「接客上手下手はアクションで決まる」より抜粋したものです)

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ


【関連記事】

1.コミュニケーションは文字やことばだけではうまくいかない

2.コミュニケーションで一番大切なのはアクション

3.接客コミュニケーションでも一番大切なのはアクション

4.日本の接客上手下手を決める3つのアクション

5.日本独自の3つの接客アクションが発信する「アクション言語

6.なぜ、「日本の店」は特別な空間なのか?

7.なぜ、日本の店はお客様を心からもてなすのか?

8.日本人はみんな接客をして生きている

9.接客の上手下手を決める3つのアクションは、ロボットがご紹介します

10.お辞儀アクションはいつ使われるか?

11.お辞儀アクションの角度

12.お辞儀アクションの分類

13.お辞儀アクション1.頭をゆっくり下げて、ゆっくり上げる(1)アクション言語

14.お辞儀アクション1.頭をゆっくり下げて、ゆっくり上げる(2)うまくいく場合・うまくいかない場合」

15.お辞儀アクション2 頭をゆっくり下げて、勢いよく上げる(1)アクション言語

16.お辞儀アクション2.頭をゆっくり下げて、勢いよく上げる(2)うまくいく場合・うまくいかない場合

17.お辞儀アクション3.頭を勢いよく下げて、ゆっくり上げる(1)アクション言語

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

|

« (53)自分が良いと思う商品を、お客様にどんどん勧めたくなってしまう、店員の動きとは? | トップページ | (54)お客様の要望を、意固地なまでに追及する職人タイプの、店員の動きとは? »

◆接客上手下手はアクションで決まる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/64753999

この記事へのトラックバック一覧です: (18)お辞儀アクション3 頭を勢いよく下げて、ゆっくり上げる(2)うまくいく場合・うまくいかない場合:

« (53)自分が良いと思う商品を、お客様にどんどん勧めたくなってしまう、店員の動きとは? | トップページ | (54)お客様の要望を、意固地なまでに追及する職人タイプの、店員の動きとは? »