« (50)自分の店を犠牲にして、商店街のために奔走する、店員の動きとは? | トップページ | (51)非常に聞き上手だが、熱心に勧めたりしない、店員の動きとは? »

2017年1月11日 (水)

(15)お辞儀アクション2 頭をゆっくり下げて、勢いよく上げる(1)アクション言語

こんにちは。

このシリーズでは、

「接客の上手下手は、アクションで決まる」ということをご説明しています。

具体的には、様々なアクションの内、

①「お辞儀」と②「うなずき」と③「案内」の、

三つのアクションをうまく使いこなしさえすれば、

大抵の接客は、成功します。

以上のことを分かって頂くために、

三つのアクションの内の①「お辞儀アクション」からご説明しています。

「お辞儀アクション」は、毎日誰でもが無意識に行っていますが、

実は、次の七つの「お辞儀アクション」に分類されて、

それぞれが全く異なった情報を発信しているのです。

1.ゆっくり下げて、ゆっくり上げる「お辞儀アクション」

2.ゆっくり下げて、勢いよく上げる「お辞儀アクション」

3.勢いよく下げて、ゆっくり上げる「お辞儀アクション」

4.勢いよく下げて、勢いよく上げる「お辞儀アクション」

5.脱力して下げて、ゆっくり上げる「お辞儀アクション」

6.脱力して下げて、勢いよく上げる「お辞儀アクション」

7.ほとんど動かない「お辞儀アクション」


さて今日は、前回の

「(14)お辞儀アクション1.頭をゆっくり下げて、ゆっくり上げる

(2)うまくいく場合・うまくいかない場合」
に続いて、

「(15)お辞儀アクション2.頭をゆっくり下げて、勢いよく上げる(1)アクション言語」

というお話です。

049_1_3

(15)お辞儀アクション2.頭をゆっくり下げて、勢いよく上げる





(1)アクション言語

【強い信念を持っている】

【自分本位】

アク太郎のアクションを見ると、

「頭をゆっくり下げて、勢いよく上げ る」お辞儀アクションをしています。

この「ゆっくり下げて、勢いよく上 げる」お辞儀アクションからは、

「強い信念を持っている」「自分本位」というアクショ ン言語が伝わります。


049_2_3


※明後日の、「(16)お辞儀アクション2.頭をゆっくり下げて、勢いよく上げる(2)うまくいく場合・うまくいかない場合」に続く。

(※以上の文章とイラストは、アプリ・「接客上手下手はアクションで決まる」より抜粋したものです)

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ


【関連記事】

1.コミュニケーションは文字やことばだけではうまくいかない

2.コミュニケーションで一番大切なのはアクション

3.接客コミュニケーションでも一番大切なのはアクション

4.日本の接客上手下手を決める3つのアクション

5.日本独自の3つの接客アクションが発信する「アクション言語

6.なぜ、「日本の店」は特別な空間なのか?

7.なぜ、日本の店はお客様を心からもてなすのか?

8.日本人はみんな接客をして生きている

9.接客の上手下手を決める3つのアクションは、ロボットがご紹介します

10.お辞儀アクションはいつ使われるか?

11.お辞儀アクションの角度

12.お辞儀アクションの分類

13.お辞儀アクション1.頭をゆっくり下げて、ゆっくり上げる(1)アクション言語

14.お辞儀アクション1.頭をゆっくり下げて、ゆっくり上げる(2)うまくいく場合・うまくいかない場合」

|

« (50)自分の店を犠牲にして、商店街のために奔走する、店員の動きとは? | トップページ | (51)非常に聞き上手だが、熱心に勧めたりしない、店員の動きとは? »

◆接客上手下手はアクションで決まる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (15)お辞儀アクション2 頭をゆっくり下げて、勢いよく上げる(1)アクション言語:

« (50)自分の店を犠牲にして、商店街のために奔走する、店員の動きとは? | トップページ | (51)非常に聞き上手だが、熱心に勧めたりしない、店員の動きとは? »