« 37.失敗を繰り返す、おっちょこちょいの、店員の動きとは? | トップページ | 38.もしも「やる気がなくて、わかりにくい案内をする」店員を演じようとした場合には? »

2016年12月14日 (水)

2.コミュニケーションで一番大切なのはアクション(接客上手下手はアクションで決まる)

こんにちは。

家庭や地域や学校や職場における様々な人間関係は、

往々にして、うまくいかないものです。

胸襟を開いて話したり、腹を割って話したりするにもかかわらず、

お互いをなかなか理解することができなくて、

コミュニケーションが破綻してしまうのは、

いったい何が大きな要因なのでしょうか?

それは、

あまりにも「ことば」中心のコミュニケーションが重要視されていることです。

ケータイが普及するまでは、

直接会って、長く話し合ったにもかかわらず破綻し、

ケータイが普及した現在においては、

リアルタイムに何度でもメールや会話ができるにもかかわらず、

なかなかうまくいきません。

実は、「ことば」に伴うお互いの身体の動き(しぐさ=身振り手振り)の情報が、

無視されたり、勝手に解釈されたりすることによって、

話し合うそばから、誤解や勘違いが生じてしまい、

長時間かけて話し合えば合うほど、お互いの食い違いが、

複雑かつ大きくなってしまうのです。

したがって、

日々のコミュニケーションをうまく行うためには、

自分の動きと相手の動きが発信する情報にこそ、

注意を傾ける必要があるのです…。


さて今日は、一昨日の

コミュニケーションは文字やことばだけではうまくいかない」に 続いて、

(2)コミュニケーションで一番大切なのはアクション

というお話です。

(※以下の文章とイラストは、アプリ・「接客上手下手はアクションで決まる」より抜粋したものです)

10


私たち人の動き研究室では

コミュニケーションの要素を次のような10ポイントと考えています。

1.性別年齢信号(見た目)

2.容姿信号(見た目)

3.表情信号

4.視線信号

5.話しことば信号

6.声信号

7.におい信号

8.接触信号

9.空間利用信号

10.動作信号(アクション)

この中で最も大きな役割を果たしているのは

動作信号、すなわち身体の動き(アクション)です。

なぜなら、

その他の要素はすべて身体の動き(アクション)の影響を

非常に強く受けるからです。

例えば、

顔の表情や視線や話しことばや音声は、

身体の動き(アクション)と無関係に生じることはありません。

がっかりした時には、

下に向かって力が抜ける動き(がっくりと肩を落とすなど)があり、

それと連動して、

がっかりした表情や伏し目がちの視線、

消極的なことば使いや消え入るような音声などが生じます。

反対に上に向かって力が入る動き(腕を上に勢いよく突き上げるなど)をしながら

がっかりした表情をつくるのはきわめてむずかしく、

消極的なことばや音声を組み合わせようとしても、

なかなか自然な感じにはなりません。

さらに、

身体の動き(アクション)によって、

人は若々しく見えたり老けて見えたり、

男性的に見えたり女性的に見えたり、

かっこよく見えたりかっこ悪く見えたりします。

また、身体の動き(アクション)の違いによって、

その人の性格や行動の仕方までが違って見えるのです。

その他の要素も身体の動き(アクション)と

切り離して考えることは非常に困難です。

私たちが相手と直接会ってコミュニケーションをする時には、

相手の性別や容姿などから第一印象を得ますが、

時間とともに身体の動き(アクション)から

その人の特徴を読み取り、

その人の性格や行動の傾向、

また、しゃべったことばの

本当の意味(実行する気があるのか、ないのかなど)を解釈し、

人間関係を構築しているのだと考えられます。


明後日の、「(3)接客コミュニケーションでも一番大切なのはアクション」に続く。

(※以上の文章とイラストは、アプリ・「接客上手下手はアクションで決まる」より抜粋したものです)

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ


【関連記事】

1.「カラダの動き」が情報を伝える

2.「カラダの動き(方向・圧力・速さ)」が伝える意味とは?

3.「カラダの動き」を使ってコミュニケーションをもっとわかりやすく

|

« 37.失敗を繰り返す、おっちょこちょいの、店員の動きとは? | トップページ | 38.もしも「やる気がなくて、わかりにくい案内をする」店員を演じようとした場合には? »

◆接客上手下手はアクションで決まる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2.コミュニケーションで一番大切なのはアクション(接客上手下手はアクションで決まる):

« 37.失敗を繰り返す、おっちょこちょいの、店員の動きとは? | トップページ | 38.もしも「やる気がなくて、わかりにくい案内をする」店員を演じようとした場合には? »