« 50.クレーム処理に仲間が協力する店に、お客さんは引きつけられる。 | トップページ | 32.何でも聞いてくれるが、いい加減な案内や説明になってしまう、店員の動きとは? »

2016年12月 2日 (金)

2.日経MJ「100均、ゴージャス、日常の主役」(11月28日)の記事を読んで。

Photo_5
※原宿・竹下通りの100円ショップ

こんにちは。

11月28日・日経MJ(1面)が、

『100均ゴージャス日常の主役』」のタイトルで、

『品質・デザイン向上、広がる100円経済圏』
『食品メーカーも接近』
『インスタ映えヒット生む』
『大手4社成長続く、海外展開着実に』

の見出しをつけて、

100円ショップの人気が高まっていることを報じています。

それでは、いったいなぜ100円ショップを多くのお客様が、

これほどまでに受け入れてきたのでしょうか?

「百均であるから」と言われていますが、

それは的を射た答えとは言えません。

本当の要因は、

どの店よりも、「なわばり」が解除された店だから、

大勢の老若男女を引きつけているのです。

具体的には、

(1)「なわばり」が解除された構造の店であること。

①規模が小さい店の場合は、路面店とテナント店ともに、

「店員空間のある、接触・引き込み・回遊型店」の構造。


Photo

Photo_4
※規模が小さい100円ショップの路面店


②規模が大きい店の場合は、路面店とテナント店ともに、

「店員空間のある、引き込み・回遊型店」の構造。


Photo_2

Photo_6_3
※規模が大きい100円ショップの路面店


(2)「なわばり」を解除した接客方法であること。

スーパーやコンビニなどと同じ「セルフサービス方式」の接客方法を採用した店。

お客様の注文を受けた後から接客を開始する「一見接客」なので、

2

お客様の注文を受ける前から接客を開始する「常連接客」に比べて、

1

接客を開始することによって、店員が「なわばり」を主張して、

お客様を遠ざけることはありません。

(3)廉価な100円均一の「商品空間」であること。

スーパーやコンビニや他のディスカウントストアに比べて、

原則的に、100円均一の価格で構成された「商品空間」は、

衝動的な買い物や、無駄な買い物など、

人目を気にすることのない散財をさせてくれることから

どの店よりも「なわばり」が解除されているのです。

(4)「最も安い店」に引きつけられる大勢の客の姿。

「最も安い店」に引きつけられる大勢の客の姿は、

「市の店」に引きつけられる大勢の客と同様に、

気軽で自由な雰囲気を醸し出して、

強力に「なわばり」を解除します。

以上のような理由から、

「百均」は、いつぶらりと立ち寄っても、

「なわばり」が解除された商品空間をいつまでも眺めることができ、

他店には、存在しない「市の風」にも吹かれることがができるのです。

そして、(1)~(4)のなわばり解除の内、

とりわけ(4)が、

「百均」の店が成長を続ける隠された本当の要因なのです…。


【関連記事】

1.日経MJ、「窮地三越伊勢丹3つの疑問」(11月25日)の記事を読んで。


この正座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

|

« 50.クレーム処理に仲間が協力する店に、お客さんは引きつけられる。 | トップページ | 32.何でも聞いてくれるが、いい加減な案内や説明になってしまう、店員の動きとは? »

◆日経MJ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/64562692

この記事へのトラックバック一覧です: 2.日経MJ「100均、ゴージャス、日常の主役」(11月28日)の記事を読んで。:

« 50.クレーム処理に仲間が協力する店に、お客さんは引きつけられる。 | トップページ | 32.何でも聞いてくれるが、いい加減な案内や説明になってしまう、店員の動きとは? »