« 8.わかりやすい案内や説明を、熱心にしてくれる店員の動きとは? | トップページ | 9.「機敏な人」が「達人店員」である可能性が高い要因とは? »

2016年10月15日 (土)

27.連れの料理が直ぐに出てくる店に、お客さんは引きつけられる

こんにちは。

約30年前の1986年に、

私たちは拙著「入りやすい店売れる店」(日本経済新聞社)で、

早すぎる「いらっしゃいませ!」は、お客様を遠ざける

店員のアクションだとご報告しました。

当時は、「いらっしゃいませ!」をできるだけ直ぐに言うということが

指導されていただけに、

想像以上の反響を呼ぶ結果となりました。

やがて、

1970年代にスーパーが、そして1980年代にコンビニが、

全国各地に急激に普及してゆくと共に、

すべての物販店を通して、早すぎる「いらっしゃいませ!」は、

減少していきました。

一方、飲食店は、

お客様が店に一歩でも入って来たら、

直ぐに「いらっしゃいませ!」を言わなければいけないと、

私たちは、あわせてご報告しました。

なぜならば、物販店にやって来たお客様は、

まだ買うか買わないかが決定していませんが、

飲食店にやって来たお客様は、

すでに、購入が決まったお客様だからです。

あれから30年…、もちろん「飲食店」では、

直ぐに「いらっしゃいませ!」と出迎えて、

お客様の要望に対応して、

よりスピーディーに対応することが、

大きなサービスとなっているのです。


さて今日は、

「お客さんは連れの料理があまりにも遅い店を避ける」

というお話です。

(※以下の文章とイラストは、「こうすればお客さんは何度でもやって来る」・学陽書房・1999年より抜粋したものです)

Photo_2


「料理は出来上がった順番に席に運ぶ」

という考え方はまちがっています。

何人かのお客さんが一緒に食事をしているのならば、

全員の料理をできるだけ同じタイミングで出すべきです。

親子四人で食事をしているときに、

親の料理が先に出てきて

「お子様ランチ」がなかなか出てこないとなると、

子供は大変不満です。

親も子供の料理が出てこないうちに、

自分が手をつけるわけにはいかず、

子供をなだめるのが大変です。

これではせっかくの楽しい食事も気まずいものになってしまいます。

仮にどうしても誰かの料理が後になるのなら、

お客さんとしては

「こうなってほしい」というはっきりした希望があります。

例えば「お子様ランチ」が先に出てきて、

親の料理が遅いのならそれほどは気にならないのです。

子供が先に食べることは、

子供にとっても親にとっても受け入れやすいことだからです。

また、男性が女性を連れて食事に来たときに、

男性の料理が先に出てきて

女性の料理がなかなか出てこないとなると

男性は非常に困ります。

どうしてもどちらかが遅れるなら、

男性の注文した料理が遅れて欲しいのです。

一般に男性は女性よりも食べるのが早いので、

食べ始めると女性よりもずっと早く食事が終わることは

目に見えています。

そうなると、女性は男性がすっかり食べ終わったあとで、

一人で食事を続けなければなりません。

それでは女性は落ち着いて食べられないし、

ふたりの会話もはずまなくなってしまいます。

しかたなく男性は食べずに

女性の料理ができてくるのを今か今かと待ちますが、

その間にもせっかくの料理はどんどん冷めてしまいます。

せっかく目の前にできたてのおいしそうな料理があるのに手をつけられない、

これは大変大きなストレスです。

料理は何といってもできたてがおいしいのです。

「熱い」あるいは「冷たい」ということも値段のうちです。

冷めてしまったり温まってしまった料理に

同じ代金を払わなければならないのは、

お客さんにとってなんとも残念なことです。

そして、そのような理不尽なことが起きるのは、

ひとえに料理が出てくる順番にかかっています。

お客さんがレストランで食事をするのは

単に空腹を満たすためばかりではありません。

デートや会合や家族団らんなどで、

お互いの人間関係をよくすることも非常に大きな目的です。

お客さんが無意識のうちに、

「あの店ではいつも楽しく食事ができる」と感じる店では、

料理を出すタイミングにも十分な注意が払われているのです。

対策27

連れのお客さんにはなるべく一緒に料理を出す

(※以上の文章とイラストは、「こうすればお客さんは何度でもやって来る」・学陽書房・1999年より抜粋したものです)

この正座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

【関連記事】

1.店頭にじっと立つのをやめれば、お客さんがやって来る。

2.お客さんに店員の視線を感じさせない店がよく売れる。

3.ちょっと近づいただけで「いらっしゃいませ!」を言わない店が、お客さんを引きつける。

4.商品の前に立ち止まったりちょっと触ったりしただけでは、すぐに接客をしない店がお客さんを引きつける。

5.何度来ても、「毎度!」と言わない店がお客さんを引きつける。

6.顔と名前を覚えられたと感じさせない店が、お客さんを引きつける。

7.サクラパワーを生かす店がお客さんを引きつける。

8.近所の店でも、馴染みにならなければ、お客さんはやって来る

9.お客さんは、「どのようなものをお探しですか?」と聞かれない店に引きつけられる

10.お客さんはいきなり「ご予算はおいくらですか?」と聞かれない店に、引きつけられる。

11.店員がなれなれしく話しかけない店に、お客さんは引きつけられる

12.相談したり試着したりしても買わずに帰れる店に、お客さんは引きつけられる。

13.気軽に試食ができる店に、お客さんは引きつけられる。

14.商品のある場所をいちいちお店の人に聞かなくてもよい店に、お客さんは引きつけられる。

15.おかわりを大声で頼まなくてもよい店に、お客さんは引きつけられる

16.細かく道案内をしなくてもよいタクシーに、お客さんは引きつけられる。

17.注文をしなくてもよい回転寿司の店に、お客さんは引きつけられる。

18.欠陥品の返品や取り替えを快く受け入れてくれる店に、お客さんは引きつけられる。

19.お店の人の失敗を上司に訴えるとうまく対応してくれる店に、お客さんは引きつけられる。

20.電話で苦情を言ってもたらいまわしにされない店に、お客さんは引きつけられる

21.責任者と施工業者の打ち合わせがうまくいく建築会社に、お客さんは引きつけられる

22.料理が直ぐに出てくる店に、お客さんは引きつけられる。

23.レジが混まないスーパーマーケットに、お客さんは引きつけられる。

24.直ぐに電話に出てくれる店に、お客さんは引きつけられる

25.呼ぶと直ぐに注文を取りに来てくれる店に、お客さんは引きつけられる

26.順番を無視しないでレジを再開する店に、お客さんは引きつけられる

この正座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

|

« 8.わかりやすい案内や説明を、熱心にしてくれる店員の動きとは? | トップページ | 9.「機敏な人」が「達人店員」である可能性が高い要因とは? »

◆こうすればお客さんは何度でもやって来る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/64332013

この記事へのトラックバック一覧です: 27.連れの料理が直ぐに出てくる店に、お客さんは引きつけられる:

« 8.わかりやすい案内や説明を、熱心にしてくれる店員の動きとは? | トップページ | 9.「機敏な人」が「達人店員」である可能性が高い要因とは? »