« 37.「不注意指示」と「独断」の店員の動きが、お客様に与えるイメージとは? | トップページ | 38.「やる気がなさそう」な上に、「話がさっぱり分からない」店員を生み出す動きとは? »

2016年7月25日 (月)

12.叶匠寿庵の「寿長生の郷」が、1991年当時に提供した「一見接客」とは?

こんにちは。

このシリーズでは、約25年前(1991年当時)、お客様を「一見客・いちげんきゃく」(見知らぬ客)として迎え、「一見接客・いちげんせっきゃく」を提供することによって、大勢のお客様を引きつけた店、あるいは引きつけようとした店をご紹介しています。

さて今日は、1991年当時、贈答用和菓子を販売していた「叶匠寿庵」が「寿長生の郷・すないのさと」で提供した「一見接客」についてご説明いたします。

「叶匠寿庵」は、約43年前の1973年に大阪梅田の阪急百貨店(現在の阪急百貨店うめだ本店)に彗星のごとく登場するや否や、爆発的な人気を獲得し、全国一のお菓子売り場となりました。

その「叶匠寿庵」の本社と工場のある「寿長生の郷・すないのさと」は、京都からJRで四つ目の石山駅から車で30分ほどの山の中にあります。

そして、約20万㎡の広大な敷地の一部を開放して、懐石料理のコースとお茶席のコースと菓子売り場を設けて、周辺の観光コースとなっていました。(1991年当時)

(以下のイラストは、「新しい客がどんどん来る店」・日本経済新聞社・1991年より抜粋したものです。)


(1)懐かしい日本の風景と四季の草花が楽しめる広大な庭園。

約6万3000坪の広大な敷地の中に本社と工場を移転して作った「寿長生の郷・すないのさと」は、周辺ホテルの観光ルートとなっています。(1991年当時)

P86p87

(2)わらぶき屋根のある建物が受け付け。

車やバスから降り立った客は、入り口で丁寧な出迎えを受けて、受け付けになっているわらぶき屋根の建物に入って行きます。

P86



(3)のどかないなかの風景が楽しめる遊歩道。

客はわらぶき屋根の建物にある受付で、それぞれのコースの料金を支払い、時間別、コース別などに色分けされた薄い半天を着せられます。

そして、座敷で簡単な飲み物のもてなしを受けた後、客はぶらぶらと歩きながら待合室兼お休み所へとやって来ます。


P87



(4)正しい「お辞儀アクション」と「案内アクション」が客を満足させる。

やがて、グループごとにお茶席へと案内されて丁寧な接客を受けます。

広い園内には、これと言って珍しいものがあるわけではありませんが、客は丁寧なもてなしに十分満足感を覚えます。


P88



(5)展示コーナー兼お菓子売り場。

商品の展示コーナー兼お菓子売り場は「店員空間のある、引き込み・回遊型店」の構造で、完全な「一見接客」が提供されています。

ここでは、お菓子が飛ぶように売れていきます。

Photo※「店員空間のある、引き込み・回遊型店」


P89

(以上のイラストは、「新しい客がどんどん来る店」・日本経済新聞社・1991年より抜粋したものです。)


近年では、主要都市にある百貨店の食品フロアーで高い売り上げを上げ続けた店が、本社と工場を移転させた広大な敷地を名所・観光地化させて、大勢のお客様をお招きする企業活動が少なからず見受けられます。

もともと店は、見知らぬ人が多数行き交う観光地や境界に発生してきましたが、はるか後になって、主要都市の百貨店が観光地や境界の店の役割を担って、多くのお客様を引きつけてきたのです。

近年は、「駅ナカ・駅ソトショップ」が、見知らぬ人が大勢行き交うかつての観光地や境界の店として、非常に多くのお客様を引きつけています。

「叶匠寿庵」の「寿長生の郷・すないのさと」は、のどかな山中にありながらも、意外にも、現在、見知らぬ人が大勢行き交う「移動空間の店」のさきがけでもあったのです…。

(尚、その当時、東京・新宿伊勢丹本店に登場した店については、『日本一広い客空間を設けた「叶匠寿庵」の「一見接客」について』でご紹介しました)


【関連記事】

1.東京・新宿「花園神社の酉の市」には見知らぬ客を引きつける「市の風」が吹いていた!

2.1991年当時の、東横のれん街の「一見接客」と、移転後の東横のれん街の違いとは?

3.セルフサービス方式(一見接客)を採用した「接触型店」の長所と短所とは?

4.大型化する百貨店の和洋菓子店の「一見接客」とは?(1991年当時の銀のぶどう)
5.受付を設けたクリニークの一見接客(1991年当時)とは?

6.日本一広い客空間を設けた「叶匠寿庵」の「一見接客」について。

7.セルフでスーツが買える店、「AOKI アオキ」の「一見接客」について。

8.自由に回遊できる「ラルフローレン」の店が提供した「一見接客」とは?

9.セルフで買える酒の激安店「河内屋酒販」が、1991年当時に提供した「一見接客」とは?

10.総合ディスカウントショップ「ロヂャース」が、1991年当時に提供した「一見接客」とは?

11.トヨタのショール「アムラックス」が、1991年当時に提供した「一見接客」とは?


この星座の場所を、
応援クリック
お願いいたします。


人気ブログランキングへ

|

« 37.「不注意指示」と「独断」の店員の動きが、お客様に与えるイメージとは? | トップページ | 38.「やる気がなさそう」な上に、「話がさっぱり分からない」店員を生み出す動きとは? »

◆新しい客がどんどん来る店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12.叶匠寿庵の「寿長生の郷」が、1991年当時に提供した「一見接客」とは?:

« 37.「不注意指示」と「独断」の店員の動きが、お客様に与えるイメージとは? | トップページ | 38.「やる気がなさそう」な上に、「話がさっぱり分からない」店員を生み出す動きとは? »