« JRミライナタワーにある「ニュウマン」の「デコールアーバンリサーチ」の店員と客のアクション | トップページ | 8.「攻撃」と「協調」の店員の動きが、お客様に与えるイメージとは? »

2016年5月25日 (水)

5.「もっともらしい理由のメッセージ」が、店の「なわばり」を解除する

こんにちは。

リアルショップは店員の「なわばり」です。

その「なわばり」を解除して、多くのお客様を引きつけるために、リアルショップでは様々なメッセージを発信しています。

さて、今日は、

「①見知らぬ人歓迎のメッセージ」、 「②浪費は美徳のメッセージ」、
「③返礼不要のメッセージ」、 「④狩猟解禁のメッセージ」に続き、


「⑤もっともらしい理由のメッセージ」についてご説明いたします。

(1)理由がなければ許されない日本の社会が生んだ従来の店

私たちを取り巻く社会は、「理由のない」行動をとることを禁止しています。

例えば、会社を休んでも許されるのは、「風邪をひいたから」あるいは「父親が倒れたから」などのように、周囲が納得できる理由がある場合に限られます。

無断で欠勤したり、「何となく行きたくないから」などというと、厳しく怒られてしまいます。

これと同じように、従来の商店街の店では、理由なく買い物をすることが許されていませんでした。

お客様は、長い間使用した商品が壊れたからとか、無くなったからという、誰が聞いても「もっともな理由」によってしか買い物をしませんでした。


(2)お客様を誘惑する「⑤もっともらしい理由のメッセージ」

Photo


私たちが買い物をする「もっともな理由」を見つけ出せないためにガマンしていることに対して、「⑤もっともらしい理由のメッセージ」を提供しているのが現代の繁盛店です。

なぜならば、現代の繁盛店は、なぜ、今ここで、この商品を買わなければならないかということに対して、あれこれ「⑤もっともらしい理由のメッセージ」を発信しているからです。

「特別感謝セール」「閉店セール」「クリアランス」だから安いのです!
「今日だけ千円!」「先着百名様限り」だから今買わなければだめですよ!
「他では売っていない」「この店が一番安い」だからここで買わなければだめですよ!

などは、いずれも「⑤もっともらしい理由のメッセージ」なのです。



Photo_2


(以上の、イラストは、「入りやすい店の秘密」・日本経済新聞社・1993年より抜粋したものです。)


こうした理由は確かにもっともらしい感じがしますが、冷静に考えれば、だからといって買わなければならないというものではありません。

ところが、私たちはそもそもわけのわからないモノを買いたいという気持ちを持っているために、「⑤もっともらしい理由のメッセージ」を見ると、「なるほど、やっぱり、その通り」などと納得して、ついついそれらのメッセージを受け入れてしまいます。

そして多くの人が、買い物を終えて自宅にたどり着いてから、購入した商品をながめながら、「これは限定販売だったから」、「これは半額だったから」、やっぱり買ってよかったんだと自分や周囲を納得させているのです。

私たちは、この「⑤もっともらしい理由のメッセージ」に接しながら、あちらこちらの店を見て、自由に買い物をしたいがために、リアルショップに出かけてゆくのです。


次回は、「⑥性をほのめかすメッセージ」について説明いたします。


【関連記事】

1.「見知らぬ人歓迎のメッセージ」が、店の「なわばり」を解除する

2.「浪費は美徳のメッセージ」が、店の「なわばり」を解除する

3.「返礼不要のメッセージ」が、店の「なわばり」を解除する

4.「狩猟解禁のメッセージ」が、店の「なわばり」を解除する


この星座の場所を、
応援クリック
お願いいたします。


人気ブログランキングへ

|

« JRミライナタワーにある「ニュウマン」の「デコールアーバンリサーチ」の店員と客のアクション | トップページ | 8.「攻撃」と「協調」の店員の動きが、お客様に与えるイメージとは? »

◆入りやすい店の秘密」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5.「もっともらしい理由のメッセージ」が、店の「なわばり」を解除する:

« JRミライナタワーにある「ニュウマン」の「デコールアーバンリサーチ」の店員と客のアクション | トップページ | 8.「攻撃」と「協調」の店員の動きが、お客様に与えるイメージとは? »