« JR新宿「ニュウマン・エキナカ」の店舗構造と店員のアクション | トップページ | 12、「退避」の店員の動きが、お客様に与えるイメージとは? »

2016年4月29日 (金)

48.(15)思い出に埋もれた玩具店(1988年当時のさびれゆく小売店)

こんにちは。

近年、なぜ多くのお客様が、駅や空港ターミナルの「駅ナカ・駅ソト」ショップに引きつけられるのかを知るために、敢えて約30年前(1988年当時)の商店街の店を「人の動き」という観点から、分析してご説明しています。

当時の子供たちにとって、商店街の店で興味がある店は、当然、「本屋さん」と「おもちゃ屋さん」でした。

学校帰りや塾帰りなどに、店主から注意を受けるまで粘って、本屋さんでマンガを立ち読みしたり、おもちゃ屋さんでおもちゃを眺めたりすることが、ひと時の楽しみだったからです。

そして、買わずにひやかすだけの子供たちにとって、立ち読みしやすい本屋さんや、試して遊べるおもちゃ屋さんがどこにあるかということが、重要な情報となっていたのです。

ところで、商店街の店が、子供にとっても大人にとっても「ひやかしにくい店」だと思われた要因は、

(1)お客様から注文を受ける前から接客を開始する「常連接客」の店
(2)「店員空間のない、引き込み・回遊型店」が中心の店
(3)常に馴染みの店主が接客をする店

すなわち、「なわばり」を主張する店員のアクションが生じやすい店だったからなのです。

現在人気の「駅ナカ・駅ソト」ショップにおいても、売れる店と売れない店は生じていますが、その一番の要因もやはり店員の「なわばり」です。

すなわち、店員が「なわばり」を主張するアクションをしている店か、あるいは「なわばり」を解除するアクションをしている店かによって、「入りやすさ」が左右されているのです。

さて、今日は、全国各地の商店街の店として、必ず存在していた「玩具店」(20回シリーズの15回目)についてです。

(以下の、イラスト&文は、「続・入りやすい店売れる店」・日本経済新聞社・1988年より抜粋したものです。)


(1)店頭は意外と地味な玩具店(1988年当時)

………おもちゃさんの看板は独特でおもしろいものが多いのですが、店そのものはあまり目立ちません。

商品の劣化を恐れて、人気商品は店の奥の方に大切にしまわれているからです。

店頭に出ているのは劣化の心配の少ない幼児向きの砂あそびセットやバトミントンセットばかりなので、最近の子供たちをひきつけるのは困難です。(1988年当時)………

P176

(2)子供が自由にひやかせる店内は提供されていなかった(1988年当時)

………大抵の店は「店員空間のない、接触・引き込み・回遊型店」ですが、店員が厳しく見張っているので自由に商品をひやかすことはできません。

店が小さいので店員のなわばり主張が強く、商品量も少なく、流行遅れのおもちゃがほとんどで、結局子供たちはデパートやスーパーに行ってしまうのです。………

(以上の、イラスト&文は、「続・入りやすい店売れる店」・日本経済新聞社・1988年より抜粋したものです。)


約30年前の1988年当時は、1970年代に登場してきたコンビエンスストアが、急激に全国各地に普及していき、商店街の近くにも登場し始めてきた頃でした。

朝早い、あるいは、夜遅いサラリーマンなどの一部の人たちに利用されていたコンビニを、先んじて「はいりやすく買いやすい店」だと直感したのは、意外にも子供達でした。

親から頼まれた買い物を、わざわざ遠く離れたコンビニエンスストアまで歩いて買いに行った子供たちは、子供一人でも気軽にはいれて、何もしゃべらなくても買い物ができる店が「コンビニ」なのだということをよく知っていたのです。

意外にもコンビニは、最初に感度の良い子供たちが受け入れ、それに若者が続き、やがては老若男女に受け入れれられる店となっていったという一面も持っているのです。

したがって、全国各地の商店街の店は、「見知らぬ店員」の登場によって、馴染みの客を奪われていったのだとも言えるのです…。


【関連記事】

1.(1)子供が去って行った菓子店(1988年当時のさびれゆく小売店)

2.(2)味が伝わらない和菓子店(1988年当時のさびれゆく小売店)

3.(3)限られた人だけのブティック(1988年当時のさびれゆく小売店)

4.(4)過去を売り続ける衣料品店(1988年当時のさびれゆく小売店)

5.(5)流行を捨てた靴店(1988年当時のさびれゆく小売店)

6.(6)若者に人気のないカバン店(1988年当時のさびれゆく小売店)

7.(7)守り続ける宝石・貴金属店(1988年当時のさびれゆく小売店)

8.セルフで買えない文房具店(1988年当時のさびれゆく小売店)

9.(9)貯蔵庫になった酒販店(1988年当時のさびれゆく小売店)

10.(10)古い体質が苦しい精米店(1988年当時のさびれゆく小売店)

11.(11)自由に選べない精肉店(1988年当時のさびれゆく小売店)

12.(12)ない魚は売れない鮮魚店(1988年当時のさびれゆく小売店)

13.(13)接客が気づまりな青果店(1988年当時のさびれゆく小売店)

14.(14)病人もはりにくい薬局・薬店(1988年当時のさびれゆく小売店)


この星座の場所を、
応援クリック
お願いいたします。


人気ブログランキングへ

|

« JR新宿「ニュウマン・エキナカ」の店舗構造と店員のアクション | トップページ | 12、「退避」の店員の動きが、お客様に与えるイメージとは? »

◆続・入りやすい店売れる店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 48.(15)思い出に埋もれた玩具店(1988年当時のさびれゆく小売店):

« JR新宿「ニュウマン・エキナカ」の店舗構造と店員のアクション | トップページ | 12、「退避」の店員の動きが、お客様に与えるイメージとは? »