« 43.(10)古い体質が苦しい精米店(1988年当時のさびれゆく小売店) | トップページ | 44.(11)自由に選べない精肉店(1988年当時のさびれゆく小売店) »

2016年4月16日 (土)

新宿ニュウマン「エキナカ」&「エキソト」がオープン!

こんにちは。

JR新宿駅南口のミライナタワーに、3月25日オープンした「ニュウマン」に引き続き、「エキナカ」「エキソト」が昨日(4月15日)オープンしました。

世界一乗降客数が多い「新宿駅」の駅ナカ・駅ソトショップが、今後、日本の新しい商業集積の発信源として、全国にどのように波及してゆくのかが注目されています。


Photo_10
※二階が甲州街道改札口、三階がタクシー乗り場、四階が高速バス乗り場(この二階に「エキナカ」と「エキソト」がオープン)

(1)駅ナカショップ

Photo_11
※改札を入ると駅ナカショップが直ぐ目に入る。

Photo_2
※駅ナカショップ(1)

Photo_8
※駅ナカショップ(2)

Photo_9
※駅ナカショップ(3)

Photo_4
※駅ナカショップ(4)


(2)駅ソトショップ

Photo_12
※新南改札口そばの「エキソト」
(1)(ピエール マルコリーニ)、(トラヤカフェ・アンスタンド)

Photo
※甲州街道改札口そばの「エキソト」
(2)(エイトハンドレッド ディグリーズナポリタン ピッツェリア)


(3)フードホール

Photo_5_2
新宿サザンテラスに隣接したフードホール


Photo_6
※フードホール店内(1)

Photo_7
※フードホール店内(2)


商店街が消え去り、百貨店も新しいスタイルを模索中、スーパーやショッピングセンターからも客足は遠のき、新しいリアルショップとしての商業集積が望まれています。

だからこそ、多くの関係者たちは、駅ナカ、駅ソトに注目するのです。

そもそも「店」は、大勢の見知らぬ通行客が行き交う「道」に発生してきたのだから、かつての「道」である「駅」にこそ、新しいリアルショップは生まれて来るに違いないと予感して…。


【関連記事】

1.見知らぬ客を対象に、接客をしなかった「戸板一枚の店」

2.JR新宿駅新南口に大型商業施設「ニュウマン」が第一期オープン

3.駅ソト「ニュウマン」は「道」のある商業集積か?(東京・JR新宿駅新南口)

4.新宿駅南口に「バスタ新宿」がオープン。人の流れが一気に変わりそう。

5.東京・JR新宿駅・新南口の駅ソト「ニューマン」を構成する店舗構造は「道」にふさわしいか?

6.JR新宿駅・新南口の駅ソト「ニュウマン」の通路(道)が、移動空間の「道」としてはなぜ弱いか?

7.今もっとも注目されている、JR新宿駅の四つの「駅ソトショップ」の「移動空間(道)」の違い。


この星座の場所を、
応援クリック
お願いいたします。


人気ブログランキングへ

|

« 43.(10)古い体質が苦しい精米店(1988年当時のさびれゆく小売店) | トップページ | 44.(11)自由に選べない精肉店(1988年当時のさびれゆく小売店) »

◆「駅ナカ・駅ソト」ショップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新宿ニュウマン「エキナカ」&「エキソト」がオープン!:

« 43.(10)古い体質が苦しい精米店(1988年当時のさびれゆく小売店) | トップページ | 44.(11)自由に選べない精肉店(1988年当時のさびれゆく小売店) »