« 31.駅ほど商売に向いた立地はない(1988年当時) | トップページ | 33.規模で勝負の郊外型店舗(1988年当時) »

2016年3月22日 (火)

32.寒さと戦うディスカウントショップ(1988年当時)

こんにちは。

現在では大型家電店となっているヨドバシカメラやビックカメラ(カメラのさくらや)も、初めはカメラ専門店で、その後大型ディスカウントショップとなり、やがて大型家電店となったのです。

約30年前の1988年当時は、これらの店は大型ディスカウントショップ(ディスカウントストア)として、激しい販売競争を繰り広げていました。

今日は、その当時の大型ディスカウントショップの店舗構造と販売方法についてご説明いたします。

(以下の、イラスト&文は、「続・入りやすい店売れる店」・日本経済新聞社・1988年より抜粋したものです。)


(1)同じ店舗構造と販売方法の二つの店(1988年当時)

………大型店同士の競争はいよいよ激しさを極めて、下のイラストにある二軒の店は、お互いにギリギリのディスカウント価格で戦っているのです。

価格はもちろん店の大きさ、店舗の構造も互いにゆずりません。

どちらの店もオープンな「店員空間のある、接触・引き込み・回遊型店」で、特に接触部分の商品空間には力を入れています。

二軒の店から溢れるひやかし安全信号は多くの客の足を止めさせます。

店内には店員空間がありますが、どんどんエスカレートした店員は店頭で呼び込み合戦を展開します。………

P158to159

(2)過酷な環境の販売現場で頑張る互いの店員

………真夏で陽がガンガン照りつける時も、雨の日や雪の日も店は解放されたままなのです。

けれども相手ががんばる以上負けてはいられません。

店にドアをつければみすみす負けることがわかっているので、店員は真冬でもスキーウエアを着こんで接客を続けます。………

………店員の人間性を無視してまではいりやすさを追求した店にはやがて限界が訪れるでしょう。………

(以上の、イラスト&文は、「続・入りやすい店売れる店」・日本経済新聞社・1988年より抜粋したものです。)


店員空間の狭い接触型店」も「店員空間のある、接触・引き込み・回遊型店」も、道路に面してオープンになった店の構造です。

道路に面した「商品空間」は、店員の「なわばり」が解除されやすいために、お客様にとっては、ひやかしやすく魅力的な空間です。

そのために、当時は雨の日も風の日も「商品空間」をできるだけ道路にせり出して、販売合戦を繰り広げていました。

そして結局、両方の店が、お客様に快適な「客空間」を提供することの大切さをに気づくと同時に、お客様と店員の両者に過酷な環境を強いるかつての販売方法は姿を消し、現在の大型家電店のような店に改善されるに至ったのです。

ただし、店員が屋外の厳しい暑さや寒さの環境で行う当時の販売方法は、店員が「下手・したて」でお客様が「上手・うわて」であるという、販売に有利な人間関係を表現していたことは事実です。


【関連記事】

1.百貨店のサバイバルに勝つ店の構造

2.入りやすく出やすい路面店の成功

3.かわいいケーキ屋さんが浮かびあがれない理由

4.中元・歳暮の特設コーナーは買いやすい

5.姿をかくした町の電器屋さん

6.常連客がフリー客を追い払うオーディオ店

7.やはり買いやすい大型家電店

8.秋葉原電器街のサバイバル

9.改装したら買いにくくなった化粧品店

10.ひやかしやすい商品空間で客を引きつける化粧品店

11.同業者に嫌われる売れる薬粧店

12.百貨店で最も怖い化粧品売り場(1988年当時)

13.近づきにくい百貨店の紳士服売り場(1988年当時)

14.ひやかすには勇気のいるブラウス売り場(1988年当時)

15.エスカレータから見た百貨店の売り場(1988年当時)

16.DCブランド店には見えない壁がある。(1988年当時)

17.店と店員が豹変するバーゲンセール(1988年当時)

18.下見客の多い店ほどよく売れる(1988年当時)

19.自動車を店で買う時代(1988年当時)

20.買いにくい中古車センターでは何が起こるか(1988年当時)

21.生まれ変わるガソリンスタンド(1988年当時)

22.買いたい人にだけ買ってもらう宝石店の構造(1988年当時)

23.商品パワーの変化が店の構造を変える(1988年当時)

24.ディスカウントショップの二つの展開(1988年当時)

25.タバコがどんどん売れる店と売れない店(1988年当時)

26.たばこのコーナーが店をダメにする(1988年当時)

27.コンビエンスストアが客のニーズに応えたもの(1988年当時)

28.アーケードがある町ない町(1988年当時)

29.アメヤ横丁は客の心をかきたてる(1988年当時)

30.昔からセルフ方式だった書店の構造(1988年当時)

31.駅ほど商売に向いた立地はない(1988年当時)


この星座の場所を、
応援クリック
お願いいたします。


人気ブログランキングへ

|

« 31.駅ほど商売に向いた立地はない(1988年当時) | トップページ | 33.規模で勝負の郊外型店舗(1988年当時) »

◆続・入りやすい店売れる店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 32.寒さと戦うディスカウントショップ(1988年当時):

« 31.駅ほど商売に向いた立地はない(1988年当時) | トップページ | 33.規模で勝負の郊外型店舗(1988年当時) »