« 57.売れる店員の言うことを聞いても、売れるようにはならない | トップページ | 58.感じの悪い人ほど店員になりたがる。 »

2016年1月25日 (月)

3.かわいいケーキ屋さんが浮かびあがれない理由

このような小型の洋菓子店では、その店ならではの自家製ケーキを販売し、常連客に親しまれています。

ところがこのような小さい店がどんどん繁盛して、やがて大きなケーキ屋になっていくかというと必ずしもそうではありません。

(イラスト&文は「続・入りやすい店売れる店」・日本経済新聞社・1988年より抜粋)


P64


このかわいいケーキ屋さんからは「中にはいったら買わない限り出られない」というメッセージが出るため、フリー客がなかなか近づけず、客数も増えないまま苦戦を続けているのです。

(イラスト&文は「続・入りやすい店売れる店」・日本経済新聞社・1988年より抜粋)


P65

同じケーキ屋さんでも店の規模が大きくなるとことによってずいぶん展開が変わります。

店内が広いために、「商品空間」も「店員空間」も「客空間」もゆったりと構成することができます。

(イラスト&文は「続・入りやすい店売れる店」・日本経済新聞社・1988年より抜粋)


P66


このような店では店員と客との間に適度の距離を保つことができるので、小さな店に比べるとずっと落ち着いて商品を選ぶことができます。

(イラスト&文は「続・入りやすい店売れる店」・日本経済新聞社・1988年より抜粋)



P67


私たちは、お客様は、ケーキを購入するためにケーキ屋さんに行くのだと思っていますが、
そうではありません。

「なわばり」が解除された「店」に引きつけられて、そこで「商品」を眺めたり、「店員の動き」を見たり、「他の客」を見たりしている内に、ケーキを購入するのです。

だから、小さな店のケーキ屋さんは、大きな店のケーキ屋さんに苦戦を強いられやすいのです。

これは、28年前のケーキ屋さんの様子ですが、現在も若い店主による新しいケーキ屋さんが続々と登場してきています。

そして、小さいケーキ屋さんでも、「なわばり」を解除するセンスのある店主がオープンさせた店には大勢のお客様が引きつけられています。


【関連記事】

1.百貨店のサバイバルに勝つ店の構造

2.入りやすく出やすい路面店の成功

この星座の場所を、
応援クリック
お願いいたします。


人気ブログランキングへ

|

« 57.売れる店員の言うことを聞いても、売れるようにはならない | トップページ | 58.感じの悪い人ほど店員になりたがる。 »

◆続・入りやすい店売れる店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3.かわいいケーキ屋さんが浮かびあがれない理由:

« 57.売れる店員の言うことを聞いても、売れるようにはならない | トップページ | 58.感じの悪い人ほど店員になりたがる。 »