« 47.飲食店の少ない商店街には新しい客は増えない | トップページ | 48.家賃をタダにする商店街ほど店が埋まらない。 »

2016年1月 5日 (火)

8.店にやって来た「虚脱の動きをするお客様」に対する、感じの良い接客、感じの悪い接客。

こんにちは。

さて、リアルショップでの接客の難しさの一番の要因は、13タイプのお客様がやって来るということです。

もしあなたが、やって来たお客様のタイプを見抜くことができたら、あなたはそのお客様が望んでいる接客を行うことによって、大きな満足を提供することができます。

そして、お客様のタイプは、お客様の何気ないアクション(身振り手振り=しぐさ)を観察することによって見抜くことができるのです。

大勢のお客様に接しているあなたならば、きっと全てのお客様を、13タイプ別のお客様として見抜くことができるはずです。

それでは今日のお客様を紹介します。

【本日のお客様は、虚脱の動きをするお客様です】 
08

※「虚脱の動きをするお客様」は、がっかりしてやる気を失ったアクションを繰り返すのが特徴です。


「虚脱の動きをするお客様」は、周囲の人たちから、自信のなさそうな人とか、根性の感じられない人というイメージを持たれています。

それは、このタイプのお客様は、いわゆるガッツや根性を表現しながら何かに取り組むことが苦手で、何事も頑張りすぎないことが大切だと感じているからです。

一方で、このタイプのお客様は、意外に高い期待や目標を持っているのが特徴です。

なぜなら、このタイプのお客様は「がっかりする」動きをするのが好きなために、わざと高い目標を設定することによって、それが叶わず「がっかりする」アクションを行うことができるからです。

店員に質問や相談をする場合にも、店員の説明を聞きながら、「やっぱり在庫がありませんか~」とか、「なあんだ~、この色しかないんですかぁ~」等の否定的な言葉と共に、深いため息をつきながら、「がっかりする」アクションを頻繁に繰り返します。

このタイプのお客様は、話をしながら、腕や頭や上半身を使って、上から下に向かって力を抜く「がっかりする動き」をたくさん行い、攻撃性がないことを表現するのが得意な人なので、腕や頭や上半身の動きを注目するだけで、直ぐに「脱力の動きをするお客様」だということを見抜くことができます。

【このタイプのお客様への注意点】

このタイプのお客様は、「がっかりする」動きをするのが癖なので、店員に質問や相談をする時も、事実を確認するのではなく、実現が難しい高い目標を掲げて、店員から否定的な答えを聞いて、「なんだ、やっぱりできないのか~」と「がっかりする」動きを繰り返します。

しかし、本人にとっては、ある程度想定済みの答えなので、実は見た目ほどがっかりしているわけではなく、また、まったくその商品が気に入らなかったのかというと、必ずしもそうではありません。

ただし、このタイプのお客様は、あまり否定的な接客が続いて「がっかりする」動きを繰り返していると、本当に自信をなくしてしまう傾向があります。

したがって、このタイプのお客様には、できるだけ否定的な言葉は避けて、励ましたり慰めたりして、何とかして要望を叶えてあげることが大切になります。

また、ちょっとした勘違いや間違いを指摘すると、それだけで本当に落ち込んでしまったりするので、少々のことは大目に見てあげることも必要となります。

【このタイプのお客様にできるだけ満足を提供するには】

このタイプのお客様は、もともと「がっかりする」動きが好きなタイプなので、お客様の想定内の範囲で、がっかりさせてあげることが必要です。

ただし、何もかも否定して本当に落ち込ませてしまうのではなく、結果としては、「結構良い商品を獲得することができた」と感じさせてあげることが大切なのです。


【関連記事1】

1.好意的なうなずき

2.お客様の信頼を獲得するうなずき

3.接客で生意気だと思われやすいうなずき

4.接客には不向きな落ち込んだうなずき

5.感じが悪いうなずかない店員(販売員)

【関連記事2】

1.感じのいいお辞儀

2.自分本位で高飛車なお辞儀

3.熱意と強い意志を感じさせるお辞儀

4.自分勝手な熱意を表すお辞儀

5.降参や敗北を伝えるお辞儀

6.やる気がなく自分本位なお辞儀

7.お辞儀をしない

【関連記事3】

1.店にやって来た「一点注意の動きをするお客様」に対する、感じの良い接客、感じの悪い接客。

2.店にやって来た「全体注意の動きをするお客様」に対する、感じの良い接客、感じの悪い接客。

3.店にやって来た「不注意指示の動きをするお客様」に対する、感じの良い接客、感じの悪い接客。

4.店にやって来た「注意不明の動きをするお客様」に対する、感じの良い接客、感じの悪い接客。

5.店にやって来た「攻撃の動きをするお客様」に対する、感じの良い接客、感じの悪い接客。

6.店にやって来た「協調的な動きをするお客様」に対する、感じの良い接客、感じの悪い接客。

7.店にやって来た「独断の動きをするお客様」に対する、感じの良い接客、感じの悪い接客。

この星座の場所を、
応援クリック
お願いいたします。


人気ブログランキングへ

|

« 47.飲食店の少ない商店街には新しい客は増えない | トップページ | 48.家賃をタダにする商店街ほど店が埋まらない。 »

◆お客様のタイプ別接客方法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/62985077

この記事へのトラックバック一覧です: 8.店にやって来た「虚脱の動きをするお客様」に対する、感じの良い接客、感じの悪い接客。:

« 47.飲食店の少ない商店街には新しい客は増えない | トップページ | 48.家賃をタダにする商店街ほど店が埋まらない。 »