« 237.慎重すぎるお客様は、強引に進める店員からは、直ぐに遠ざかってしまう。 | トップページ | 238.慎重すぎるお客様は、同じ動きを持つ慎重すぎる店員には、気がねすることなく購入の決定を先延ばしすることができる。 »

2015年11月13日 (金)

22.地元の店ではしゃべらない客も観光地の店ではよくしゃべる

こんにちは。

今日は、「リアルショップあるあるシリーズ(22)」の、

リアルショップでは、「お客様は、地元の店ではできるだけしゃべらないように心掛けて、観光地の店に行った時には、思いっきりしゃべる」というお話です。

22
※地元の店では無口なお客様も、「なわばり」が解除された観光地の店では、「見知らぬ客」となって、よくしゃべる。


店の起源は、異なる共同体に暮らす「見知らぬ者同士」が、その共同体の境界において、お互いの情報を交換し合う現場であったとも言われています。

つまり、店は単にモノとお金を交換するだけの現場ではなく、「見知らぬ者同士」の重要なコミュニケーションの現場だったのです。

その後、地元に店が生まれ、そこは、地元の「馴染み同士」の濃密な人間関係を基本としたコミュニケーションが行われる現場となりました。

このような地元の店では、店員と客はお互いに相手の情報をよく知っているので、嘘をついたり無責任な話をしたりすることは慎んで、時候の挨拶など、ありきたりな会話=コミュニケーションを伴った売り買いが行われて来ました。

しかし、このようなお客様も、地元を離れて、見知らぬ観光地の店に出かけて行った場合には、自由に振る舞い、好き勝手な会話を楽しんだのです。

それでは、なぜ、地元の店ではあまりしゃべらないお客様も、観光地の店ではよくしゃべるのでしょうか?

それは、店は、店員の「なわばり」だからです。

観光地の店も、地元の店と同様に、店員の「なわばり」であることには変わりはありません。

しかし、観光地の店は「見知らぬ客」を対象にしているために、j地元の店よりもはるかに、店員の「なわばり」を解除しなければ、お客様は入って来てくれません。

そのため、観光地の店では、店員は「見知らぬ客」の少々の嘘や無責任な会話を歓迎して、できるだけ「なわばり」を解除してきたのです。

お客様は「見知らぬ客」として、二度と会わないであろう「見知らぬ店員」と、嘘や冗談をまじえた無責任な会話を交わしつつ、「なわばり」が解除された特別な空間で、楽しい買い物をすることになるのです。

このように、お客様は、「なわばり」が解除されていない地元の店では、できるだけおしゃべりを控え、一方、「なわばり」が解除された観光地の店では、「見知らぬ客」となって、思う存分おしゃべりな人になるのです。

(この「「リアルショップあるある」シリーズの毎回のタイトルは、1995年に単行本、2004年に文庫本、2013年にブログで、「良い店悪い店の法則」として紹介したものです。それを、現在の捉え方でご報告しなおしています。)



【関連記事1】

1.客を遠ざけるアクション、引きつけるアクション

2.店員の目には見えないが、お客様の目には良く見える「サクラパワー」現象。

3.店員の目には見えないが、お客様の目にははっきりと見える店員のアクション。

【関連記事2】

|

« 237.慎重すぎるお客様は、強引に進める店員からは、直ぐに遠ざかってしまう。 | トップページ | 238.慎重すぎるお客様は、同じ動きを持つ慎重すぎる店員には、気がねすることなく購入の決定を先延ばしすることができる。 »

◆リアルショップあるある」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 22.地元の店ではしゃべらない客も観光地の店ではよくしゃべる:

« 237.慎重すぎるお客様は、強引に進める店員からは、直ぐに遠ざかってしまう。 | トップページ | 238.慎重すぎるお客様は、同じ動きを持つ慎重すぎる店員には、気がねすることなく購入の決定を先延ばしすることができる。 »