« 212.直ぐに購入を決定したいお客様は、はっきりしない店員からは、なかなか購入できない。 | トップページ | 213.シャイなお客様は、話は流暢でも行動が伴わない店員からは直ぐに遠ざかってしまう。 »

2015年9月24日 (木)

6.飛び立つ飛行機に向かって、大きく手を振る整備マンが、お客様に与えた感動の要因とは?

「お辞儀」と「うなずき」と「案内」アクションが、感動を生み出すシリーズ(6)

Photo
※2013年5月25日にご紹介した、「マンガお客様が感動する接客サービス」を、「三大接客アクション」の観点からとらえ直しました。


港、空港、駅には、様々な別れが存在しています。

しかし、空港での別れは、意外にあっけないものです。

なぜなら、見送りの人に対して、窓から手を振って別れを惜しむこともできないために、いよいよ飛行機が飛び立つころには、もはや別れは終わってしまっているからです。

すでに30年近くも前になりますが、あにはからんや、飛び立つ飛行機とお客様に向かって手を振ってくれる人たちがいる!ということに気づいた時は、驚くとともに本当に感動しました。

そして、自分たちが整備した飛行機とそれに乗り込んだお客様に対して、道中の無事を祈願しながら、整備士たちが並んで手を振る光景が、次第に関係者や飛行機を利用するお客様に知れ渡ってゆき、やがて「グッバイ・ウエーブ」として、世界中に広まっていったことを知って、いっそう感動しました。

大抵のお客様が気づくこともなく、ほとんど手を振り返してくれることなど無いにも関わらず、無事を祈って手を振る行為は、「案内アクション」を伴うために、典型的な「下手・したて」なアクションなのです。

それまで見逃していたことに加えて、「下手・したて」を表現する「案内アクション」を提供してくれたからこそ、それに気づいた私は大変に強烈な感動を覚えたのです。

初めてそれに気づいた時は、恥ずかしくて窓から手を振り返すことができませんでしたが、心の中では、一生懸命に手を振り返しました。

「さようなら!ありがとう!また来ます」と心の中でつぶやきながら…。


【関連記事】

1.店員はお客様に対して、なぜ「下手・したて」に出なければいけないのか?

2.お辞儀アクション

3.うなずきアクション

4.案内アクション

5.13種類の動きと「上手・下手」の関係


この星座の場所を、
応援クリック
お願いいたします。


人気ブログランキングへ

|

« 212.直ぐに購入を決定したいお客様は、はっきりしない店員からは、なかなか購入できない。 | トップページ | 213.シャイなお客様は、話は流暢でも行動が伴わない店員からは直ぐに遠ざかってしまう。 »

◆お客様を感動させる「下手・したて」アクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/62298677

この記事へのトラックバック一覧です: 6.飛び立つ飛行機に向かって、大きく手を振る整備マンが、お客様に与えた感動の要因とは?:

« 212.直ぐに購入を決定したいお客様は、はっきりしない店員からは、なかなか購入できない。 | トップページ | 213.シャイなお客様は、話は流暢でも行動が伴わない店員からは直ぐに遠ざかってしまう。 »