« 170.店員の目には見えないが、お客様の目には見える「客空間」を用意することがポイント。 | トップページ | 172.店員には見えないがお客様には見える、入りやすい「出入り口」をつくるには? »

2015年8月 8日 (土)

171.早く買いたいお客様は、はっきりと説明をしない店員に、イライラさせられる。

こんにちは。

今日は、「前向きなお客様」が

わかりにくい「案内アクション」をしがちな

「優柔不断な店員」の接客を受けた時の話です。

Photo_3



さて、「優柔不断な店員」とは、

お客様に対して、

はっきりとした案内や説明をすることが

苦手な店員です。

そして、「優柔不断な店員」の動きの特徴は、

手や指を使って、自分が向いている方向(内側)を、

あいまいに指し示す動き(注意不明の動き)を、

たくさん行うことです。

そのため、「優柔不断な店員」は、

本人はほとんど気づいてはいませんが、

ついつい、

はっきりしない「案内アクション」をしがちになります。


042_2

※注意不明の動き


「前向きなお客様」は、

このような「優柔不断な店員」からは、

どうしても、直ぐには、

購入を決定することができません。

なぜなら、「前向きなお客様」は、

自分が買いたい商品に関する質問や相談は、

積極的に店員に話しかけて、

店員からもできるだけ速やかに

わかりやすい案内や説明が返ってくることを望んでいますが、

それに対して、「優柔不断な店員」は、

案内や説明を始めるや否や、

周辺のいろいろなことが気になったり、

あれこれ迷ったりして、

はっきりとした案内や説明が

できなくなってしまうからです。

したがって、

「前向きなお客様」は、

自分が買いたい商品に関して

はっきりとした案内や説明をしない

「優柔不断な店員」からは、

結局、何も購入することができなくなってしまうのです。

【本日のおさらい】
「優柔不断な店員」が「前向きなお客様」に対して行う、
あいまいな「案内アクション」を伴った、
案内や説明は、非常に分かりにくいために、
お客様を「下手・したて」にして、
店員を「上手・うわて」な立場にしてしまいます。
そのために、「なわばり」を主張する店員のアクションとなり、

|

« 170.店員の目には見えないが、お客様の目には見える「客空間」を用意することがポイント。 | トップページ | 172.店員には見えないがお客様には見える、入りやすい「出入り口」をつくるには? »

◆お客様が出会う13タイプの店員」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 171.早く買いたいお客様は、はっきりと説明をしない店員に、イライラさせられる。:

« 170.店員の目には見えないが、お客様の目には見える「客空間」を用意することがポイント。 | トップページ | 172.店員には見えないがお客様には見える、入りやすい「出入り口」をつくるには? »