« 180.移動空間としての「道」では、「戸板一枚の店」の性質を持った店がお客様を引きつけている。 | トップページ | 182.「店員空間が狭い、接触型店」が、お客様を引きつける要因は、お客様にはよく見えるが、店員には見えない。 »

2015年8月18日 (火)

181.積極的なお客様が、積極的な店員に出会った場合は、満足のゆく買い物ができる。

こんにちは。

今日は、「前向きなお客様」が、自分と同じ動きを持つ「前向きな店員」の接客を受けた時の話です。


Photo_7



さて、「前向きな店員」とは、どんなお客様に対しても、嫌な感じを与えずにうまく近づき、熱心に対応する店員です。

そして、「前向きな店員」の動きの特徴は、手や身体を使って、前に向かってゆっくり進む動き(接近の動き)をたくさん行うことです。

したがって、どんなお客様に対しても、タイミングよく近づいたり、商品やモノを差し出したりするのが上手です。

09_2


※接近の動き


「前向きなお客様」は、このような自分と同じ動きを持つ「前向きな店員」からは、期待通りの対応をしてもらえるために、速やかにかつ、満足のゆく買い物をすることができます。

なぜならば、「前向きなお客様」は、自分が買いたい商品に関する質問や相談事は、店員に対して積極的に話しかけ、店員から、わかりやすい案内や説明が直ぐに返ってくることを望んでいますが、

それに対して、同じ動きを持つ「前向きな店員」は、どんなお客様に対しても上手に近づき、積極的に話しかけては、お客様の質問や相談事を聞き出し、お客様の要望にできるだけ近い商品を案内したり、説明したり、勧めたりしてあげたいと思っているからです。

したがって、「前向きなお客様」は、思い通りの対応してくれる「前向きな店員」からは、自分が知りたい情報をすぐに教えてもらえるために、自分が欲しい商品を、納得して速やかに購入することができるのです。
【本日のおさらい】

「前向きな店員」がお客様に対して、熱心に対応する一連の行動は、お客様を「上手・うわて」にして、店員を「下手・したて」にする対応です。

そして同時に、「なわばり」を解除する店員のアクションとなるために、「前向きなお客様」は直ぐに納得して、購入を決定することができるのです。


【関連記事1】
1.店員はお客様に対して、なぜ「下手・したて」に出なければいけないのか?

|

« 180.移動空間としての「道」では、「戸板一枚の店」の性質を持った店がお客様を引きつけている。 | トップページ | 182.「店員空間が狭い、接触型店」が、お客様を引きつける要因は、お客様にはよく見えるが、店員には見えない。 »

◆お客様が出会う13タイプの店員」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 181.積極的なお客様が、積極的な店員に出会った場合は、満足のゆく買い物ができる。:

« 180.移動空間としての「道」では、「戸板一枚の店」の性質を持った店がお客様を引きつけている。 | トップページ | 182.「店員空間が狭い、接触型店」が、お客様を引きつける要因は、お客様にはよく見えるが、店員には見えない。 »