« 153.「移動空間」としての通路に面した「リアルショップ」が、大勢の通行客を引きつけるためには、一体何が必要なのか? | トップページ | 155.移動空間に生まれたリアルショップは、「戸板一枚の店」が店づくりの基本になっている。 »

2015年7月22日 (水)

154.買いたい商品がはっきりしないお客様は、熱心に対応してくれる店員に、助けられる。

こんにちは。

今日は、「頼りないお客様」が、

どんなお客様に対しても感じ良く

近づくのが得意な

「前向きな店員」の接客を受けた時の話です。


Photo_3


さて、「前向きな店員」とは、

どんなお客様に対しても、

嫌な感じを与えずにうまく近づき、

熱心に対応する店員です。

そして、「前向きな店員」の動きの特徴は、

手や身体を使って、

前に向かってゆっくり進む動き(接近の動き)を

たくさん行うことです。

したがって、どんなお客様に対しても、

タイミングよく近づいたり、

商品やモノを差し出したりするのが上手です。

09


※接近の動き


「頼りないお客様」は、

このような「前向きな店員」からは、

熱心な接客を受けられるために、

満足な買い物をすることができます。

なぜならば、

「頼りないお客様」は、

自分が買いたい商品が、

あらかじめはっきりとは決まっていないために、

店員から、具体的な要望を聞かれたり、

はっきりした態度を求められたりすることは、

できるだけ避けたいと思っていますが、

それに対して、「前向きな店員」は、

どんなお客様に対しても、

相手の様子を伺いながら、近づいたり話しかけたりして、

お客様の要望にできるだけ近い商品を、

案内したり、説明したり、勧めたりしてあげたいと

思っているからです。

したがって、

「頼りないお客様」は、

熱心に対応してくれる「前向きな店員」のおかげで、

自分の要望も、次第にはっきりしてきて

店員が勧めてくれる商品を、

自分自身でも納得して、

受け入れることができるのです。

【本日のおさらい】

「前向きな店員」が「頼りないお客様」」に対して、
熱心に対応する一連の行動は、
お客様を「上手・うわて」にして、
店員を「下手・したて」にする対応です。
そして同時に、「なわばり」を解除する店員のアクションとなるために、
「頼りないお客様」が納得して購入を決定しやすい状況を、
提供することができるのです。


【関連記事1】

|

« 153.「移動空間」としての通路に面した「リアルショップ」が、大勢の通行客を引きつけるためには、一体何が必要なのか? | トップページ | 155.移動空間に生まれたリアルショップは、「戸板一枚の店」が店づくりの基本になっている。 »

◆お客様が出会う13タイプの店員」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 154.買いたい商品がはっきりしないお客様は、熱心に対応してくれる店員に、助けられる。:

« 153.「移動空間」としての通路に面した「リアルショップ」が、大勢の通行客を引きつけるためには、一体何が必要なのか? | トップページ | 155.移動空間に生まれたリアルショップは、「戸板一枚の店」が店づくりの基本になっている。 »