« 150.はっきりとした要望を持っていないお客様は、自分本位な勧め方をする店員に、ついつい買わされてしまう結果となりやすい。 | トップページ | 152.はっきりとした質問や相談が苦手なお客様と、はっきりとした案内や説明が苦手な店員が遭遇すると、悲劇が生じやすい。 »

2015年7月19日 (日)

151.なぜ、百貨店の二階以上は、地下一階&地上一階の魅力に負けているのか?

こんにちは。

7月15日の「デパ地下」の話に続いて、

一昨日は、「デパ地上」(地上一階)のお話をしました。

さて今日は、

「デパ地上」(地上二階以上)のお話です。

百貨店の「デパ地下」・地下一階食品売り場と、

「百貨店の顔」・地上一階が、

大勢のお客様を引きつける要因は、

大勢の通行客が行き交う「移動空間」としての「道」に

直結していることと、

「店員空間が狭い(一部は広い)接触型店」の構造をした店で

構成されていることだとご説明いたしました。

 
Photo_2
※店員空間が狭い、接触型店

 
Photo_3
※店員空間が広い、接触型店


それは、もちろん、


「店員空間が狭い接触型店」が、


「戸板一枚の店」の性質を継承し、


お客様の望む「道」を店内に生み出しているからです。


さて、それでは、


「地上二階」以上の店の構造は、


いったいどのようになっているのでしょうか?


約半世紀前の百貨店には、


二階以上のフロアにも、


「店員空間が狭い、接触型店」が多数存在していましたが、


その後、二階以上のフロアから、


「店員空間が狭い接触型店」は


急激に姿を消していったのです。


そして、現在のように、


「店員空間がない、接触・引き込み・回遊型店」が主力となり、


一部の「店員空間がない、引き込み・回遊型店」を伴って、


構成されるようになりました。


大抵の百貨店において、地下一階と地上一階に比べて、


二階以上のフロアを回遊するお客様の数が明らかに少ないのは、


移動空間である「道」に直結していないことと、


「店員空間が狭い、接触型店」が存在していないことが、


大きな原因なのです。

082_4
※バーゲンの期間は、ベルトパーテーションなどを使用した特別バーゲン会場となって、
多くのお客様を引きつけるファッション売り場も、普段は、「戸板一枚の店」を忘れて、「なわばり」を主張する店員のアクションが、大勢のお客様を遠ざけていることに、まだ百貨店の関係者たちは気づいてはいない。


つまり、

百貨店の二階以上のフロアが、

「店員空間が狭い、接触型店」、

すなわち、「戸板一枚の店」の性質を持った店を失い始めたことと、

百貨店から、お客様の足が遠ざかって行ったことには、

深い関係があるのです。

お客様が求める店の魅力は、

あくまでも「戸板一枚の店」が持つ魅力なのです。

普段は「戸板一枚の店」の魅力を捨て去り、

バーゲンセールの期間だけ「戸板一枚の店」の魅力を提供する

百貨店の二階以上の店に代わって、

現在では、

JRや私鉄や地下鉄などのターミナルを拠点とした、

「移動空間」としての通路に直結した新しい商業集積が、

大勢のお客様を引きつけています。

そしてそこには、

「戸板一枚の店」の性質を大切にした、

「店員空間がない、引き込み・回遊型店」や、

「店員空間がない、接触・引き込み・回遊型店」が、

多数、登場してきているのです。

Photo_2
※店員空間が無い、引き込み・回遊型店

Photo_3
※店員空間が無い、接触・引き込み・回遊型店



「ネットショップ」がこれほどまでに普及した現在ですら、

なお、「戸板一枚の店」の性質を持った「リアルショップ」に、

多くのお客様は、興奮を求めて引きつけられているのです…。


【関連記事1】
この星座の場所を、
応援クリック
お願いいたします。

|

« 150.はっきりとした要望を持っていないお客様は、自分本位な勧め方をする店員に、ついつい買わされてしまう結果となりやすい。 | トップページ | 152.はっきりとした質問や相談が苦手なお客様と、はっきりとした案内や説明が苦手な店員が遭遇すると、悲劇が生じやすい。 »

◆お客様が出会う13タイプの店員」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 151.なぜ、百貨店の二階以上は、地下一階&地上一階の魅力に負けているのか?:

« 150.はっきりとした要望を持っていないお客様は、自分本位な勧め方をする店員に、ついつい買わされてしまう結果となりやすい。 | トップページ | 152.はっきりとした質問や相談が苦手なお客様と、はっきりとした案内や説明が苦手な店員が遭遇すると、悲劇が生じやすい。 »