« 111.自分が納得して買いたいお客様は、必ずしも正しい案内や説明をする店員から買いたい訳ではない。 | トップページ | 113.自分自身で納得して買いたいお客様は、たくさんの商品を紹介する店員を、受け入れやすい。 »

2015年6月10日 (水)

112.「コミュニケーション」の成功と失敗は、「接客コミュニケーション」と同じく、「人の動き」に左右されている。

こんにちは。

このブログは、

コミュニケーションは「言葉」ではなく、

「人の動き」こそが

一番大きな役割を果たしているということを、

少しでも多くの方々に理解していただくために、

店員と客の「なわばり争い」を背景にした、

「接客コミュニケーション」の成功と失敗を例にして

ご報告しています。

さて、

店員と客が交わす、「接客コミュニケーション」においては、

「お辞儀」と「うなずき」と「案内」の「三つのアクション」が、

成功と失敗のカギを握っているのです。

Photo_4 Photo_8 Photo_5 


したがって、

挨拶やお礼やお詫びやお願いをする時の「お辞儀アクション」を、

また、承諾やあいづちや注意を喚起する時の「うなずきアクション」を、

また、場所や方向を明らかにする時の「案内アクション」を、

正しく行うことによって、

「接客コミュニケーション」は成功するのです。

この「接客コミュニケーションの成功」は、

店員を「下手・したて」にして、お客様を「上手・うわて」な立場にするとともに、

店員の「なわばり」を解除して、

お客様が買い物をしやすい状況を提供することができるのです。

反対に、

「お辞儀」と「うなずき」と「案内」アクションを失敗することによって、

店員が「上手」で、お客様が「下手」になり、

店員の「なわばり」は主張されて、

お客様が買い物をし難い状況を提供してしまうことのなるのです。

そして、以上のようなリアルショップにおける、

「接客コミュニケーション」の成功と失敗は、

リアルショップ以外の、

様々な人間関係におけるコミュニケーションの、

成功と失敗につながっているのです。

つまり、

地域や学校や職場での様々なコミュニケーションの成功と失敗も、

この、「お辞儀」と「うなずき」と「案内」アクションに

左右されているのです。

もしもあなたが「店員さん」であるとしたら、

どうか、この「正しい、三つのアクション」を伴った接客を

お続けください。

もしもあなたが「店員さん」以外の人であるとしたら、

上司や部下や同僚に対して、

どうぞ、この「三つのアクション」を伴って、

コミュニケーションをしてみてください。

「店員さん」も「それ以外の人」も、

自分の「しぐさ=身振り手振り」が、

相手を動かすことを実感してもらえるはずです…。



【関連記事1】

1.
「なわばり」を解除する店員のアクション、「なわばり」を主張する店員のアクション
2.店員の「下手・したて」なアクション
3.店員の「上手・うわて」なアクション

【関連記事2】

|

« 111.自分が納得して買いたいお客様は、必ずしも正しい案内や説明をする店員から買いたい訳ではない。 | トップページ | 113.自分自身で納得して買いたいお客様は、たくさんの商品を紹介する店員を、受け入れやすい。 »

◆お客様が出会う13タイプの店員」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 112.「コミュニケーション」の成功と失敗は、「接客コミュニケーション」と同じく、「人の動き」に左右されている。:

« 111.自分が納得して買いたいお客様は、必ずしも正しい案内や説明をする店員から買いたい訳ではない。 | トップページ | 113.自分自身で納得して買いたいお客様は、たくさんの商品を紹介する店員を、受け入れやすい。 »