« 82.「意志が強いお客様」と、13タイプの店員の「接客コミュニケーション」。 | トップページ | 84.店員が勧めてくれるものを買いたいお客様は、案内や説明が得意な店員からは、間違いのない買い物ができる。 »

2015年5月12日 (火)

83.相手の行動パターンを受け入れた「コミュニケーション」が、相手を動かす。

こんにちは。

「コミュニケーション能力」とは、

多くの「ことば」を持っていることや、

おしゃべりが得意なことではありません。

相手のことをできるだけ早く理解する

「能力」のことなのです。(5月3日

そして、

相手のことをできるだけ早く理解するためには、

相手の「動き」(しぐさ、身振り手振り)を観察して

相手がどのように「行動」する人なのか?

を知る必要があります。

具体的には、

相手の回転の動きから「注意の仕方」を知り、

相手の上下の動きから「決意の仕方」を知り、

相手の前後の動きから「実行の仕方」を知ることです。


【13種類の人の動き】

Photo

相手の

「注意」が大きいか、小さいか?

「決意」が強いか、弱いか?

「実行」が速いか、遅いか?

を知ることによって

相手の行動パターンを理解することができます。

小さなことにこだわる人は、毎回小さいことにこだわります。

責任感の強い人は、いつも責任感を感じています。

直ぐに実行しない人は、いつも直ぐにはしない人です。

「話せば分かる」相手など、滅多に存在していないのです。

いつも同じことを繰り返すことが、その人らしさだからです。

だから相手の行動パターンを理解して、

相手に合わせた「コミュニケーション」を行うことが大切なのです。

お願いをしたにもかかわらず、無視されたり、

約束をしたにもかかわらず、裏切られたり、

期待したにもかかわらず、がっかりさせられたり、

何度も説明したにもかかわらず、分かってもらえなかったり、

等など、

自分の予想に反した行動を相手が見せるのは、

間違いなく、自分に責任があります。

すなわち、

相手の行動パターンを無視した「コミュニケーション」を、

自分が取った時なのです…。

|

« 82.「意志が強いお客様」と、13タイプの店員の「接客コミュニケーション」。 | トップページ | 84.店員が勧めてくれるものを買いたいお客様は、案内や説明が得意な店員からは、間違いのない買い物ができる。 »

◆お客様が出会う13タイプの店員」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 83.相手の行動パターンを受け入れた「コミュニケーション」が、相手を動かす。:

« 82.「意志が強いお客様」と、13タイプの店員の「接客コミュニケーション」。 | トップページ | 84.店員が勧めてくれるものを買いたいお客様は、案内や説明が得意な店員からは、間違いのない買い物ができる。 »