« 122.シャイなお客様は、直ぐに対応してくれる店員には、話しかけやすい。(お客様を引き付ける「なわばり解除」の店員のアクション) | トップページ | 124.慎重なお客様は、熱心な店員の勧めを受け入れる。(お客様を引き付ける「なわばり解除」の店員のアクション) »

2014年12月21日 (日)

123.早くしたいお客様は、熱心に対応する店員には、我慢することができる。(お客様を引き付ける「なわばり解除」の店員のアクション)

こんにちは。

「人の動き」には、「人を動かす」力があることを、

少しでも多くの方々に知って頂くことを、

このブログは目的にしています。

お辞儀」が「人を動かす」ことに続いて、

うなずき」もまた「人を動かす」力を持った「人の動き」なのです。

結婚式や会議やプレゼンテーションの席では、

ほとんどの人が大変緊張してしまいます。

普段なら、もっと流ちょうに自分の思いを話せるのにと、

思えば思うほど緊張は高まり、

なかなか自分のペースを取り戻すことができません。

そんな時に、幸運にも、

大きくうなずいて話を聞いてくれる人を見つけて、

百万の味方を一挙に手にした気分になって、

次第に気分も落ち着き、

いつものペースを取り戻して、

うまく話すことができた…。

という経験をお持ちの人は少なくないはずです。

頭を上にゆっくり上げて、下にゆっくり下げる「うなずき」は、

「あなたの話に大変興味があります」

「もっと話を続けてください」

という、協調や賛同のメッセージを発信します。

だからこそ、「話をする人」に勇気と自信を

与えることができるのです。

もしもあなたが店員ならば、

お客様の質問や相談を聞きながら、

このような「うなずき」を伴った

あいずちを打ってみてください。

お客様はあなたに対して、どれほどか

話しやすいと感じるはずです…。



さて、今日は、「前向きな店員」と、「突進するお客様」の話です…。


Photo


「前向きな店員」が「突進するお客様」に接客したら?
・・・・一生懸命取り組む店員は、早くしたいお客様を待たせることができる。


※突進するお客様の動き

Photo_2
Photo_15
※突進の動き

「突進するお客様」は、手や身体を使って、前に向かって勢いよく進む動き(突進の動き)をたくさん行い、唐突で強引なことを表現するのが得意な人です。

====================

「突進するお客様」は、店員にぶつかりそうな勢いで近付いて、唐突に話しかけたり、現金やカードをグイッと突き出すように手渡したりするのが特徴です。

そして、「突進するお客様」は、考えたり計画したりすることよりも、取り敢えず直ぐに行動することこそが大事なのだと感じる人です。

したがって、「突進するお客様」は、買い物をする時も、直ぐに購入を決定して、できるだけ早く精算を済ませて、一刻も早く店を立ち去りたいと考えています。

そして、店員に質問や相談をする場合には、物凄い勢いで店員に近付き、唐突に話しかけ、店員が素早く案内や説明をしてくれることを望みます。

しかし、多くの店員は、「突進するお客様」の唐突な質問や相談に対して、とっさに、いったい何を案内したり説明したりすればよいかが分からず、困惑してしまいます。

なぜならば、ほとんどの店員は、「突進するお客様」が得意な「突進の動き」を持ち合わせていないために、どんなに急いで対応したとしても、「突進するお客様」には「遅い!」と感じられてしまうからです。

そして、その結果、「突進するお客様」から、「早くしてください!」と、苦情を言われやすいのです。

それでは、「前向きな店員」の場合は、「突進するお客様」に対しては、どのように対応するのでしょうか?

「前向きな店員」は、「突進するお客様」から声がかかるや否や、得意の「接近の動き」を伴って、直ぐに「突進するお客様」にうまく近付きます。そして、

「はい、分かりました、直ぐにお持ちいたします」
「了解しました、直ぐに取り替えてまいります」
「ありがとうございます、直ぐに精算いたします」
「すみません、あと少々お待ちくださいませ」
「大変お待たせしました、ありがとうございました」

などと、言いながら速やかに対応を繰り返します。

何事も早くしたい「突進するお客様」は、「前向きな店員」が、「直ぐに~します」とか「お待たせしました」などの言葉と共に、速やかに着々と行動をするので、なんとか我慢をすることができ、無事、買い物を終えることができるのです。

「前向きな店員」が「突進するお客様」に接客をする際の注意点は、「突進するお客様」は、一にも二にも、「スピード」を要求するお客様だということをよく理解しておくことです。

なぜならば、「突進するお客様」は、たとえ時間をかければ思い通りの商品が入手できるとしても、長く待つことよりも、買わずに直ぐに帰ることの方が、はるかに好きな行為だと思えるタイプの人だからです。

=========================


※前向きな店員の動き

Photo_3
Photo_40
※接近の動き

「前向きな店員」は、お客様の質問や相談に対して、手や身体を使って、前に向かってゆっくり進む動き(接近の動き)を伴って、案内や説明を行うために、ほとんどのお客様は、積極的で前向きな店員だと感じます。

そして、「前向きな店員」は、どのタイプのお客様に対しても、ゆっくり近付くことが得意なので、お客様を驚かせたり遠ざけたりすることはなく、親しみやすく熱心なイメージを与えるので、お客様を引き付ける「なわばり解除」の店員のアクションとなるのです。

=========================

●関連記事 
お客様には13人のタイプが存在する
●関連記事 前向きな店員の動きの癖・「接近の動き」とは?
●関連記事 突進するお客様の動きの癖・「突進の動き とは?
Banner_1

|

« 122.シャイなお客様は、直ぐに対応してくれる店員には、話しかけやすい。(お客様を引き付ける「なわばり解除」の店員のアクション) | トップページ | 124.慎重なお客様は、熱心な店員の勧めを受け入れる。(お客様を引き付ける「なわばり解除」の店員のアクション) »

◆13人の店員と13人のお客様の相性」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 123.早くしたいお客様は、熱心に対応する店員には、我慢することができる。(お客様を引き付ける「なわばり解除」の店員のアクション):

« 122.シャイなお客様は、直ぐに対応してくれる店員には、話しかけやすい。(お客様を引き付ける「なわばり解除」の店員のアクション) | トップページ | 124.慎重なお客様は、熱心な店員の勧めを受け入れる。(お客様を引き付ける「なわばり解除」の店員のアクション) »