« 85.「頑固なお客様」との相性。自分本位な店員は、同じタイプのお客様とケンカになりやすい。 | トップページ | 86.「頼りないお客様」との相性。。買う気がなさそうなお客様には、出来るだけそっとしておくこと。 »

2014年5月19日 (月)

「フライングタイガーコペンハーゲン表参道ストア」の店員とお客様の動き

2013年10月2日(水)に、東京の表参道にオープンした「フライングタイガーコペンハーゲン表参道ストア」は、連日行列が続いた大人気のお店です。

ようやく、行列をしなくても入れるようになりましたが、店内はいつも大勢のお客様でにぎわっています。以前の記事はこちら

「フライングタイガーコペンハーゲン」は、ユーモアと色彩に富んだ約1,500アイテムの商品が、平均200~400円という大変リーズナブルなプライスで並べられた、おしゃれでユニークな雑貨ショップだと言われています。

その「フライングタイガーコペンハーゲン表参道ストア」の店員とお客様の動きを「人の動き」という観点から観察してみましょう。

Photo_7

「フライングタイガーコペンハーゲン表参道ストア」は「第四世代の店」

この店は、東京の代表的な観光スポットである表参道という、大勢の見知らぬ客が行き交う「移動空間」に立地し、「店員空間がある、引き込み・回遊型店」の構造をして、「一見接客」を行う「第四世代の店」として、大勢の客を引き付けています。

3_2    

「フライングタイガーコペンハーゲン表参道ストア」の店舗構

この店の構造は、セルフ販売方式を採用するための、「店員空間がある、引き込み・回遊型店」です。
玄関から入ると、店内には「左回りの一方通行」のお客様の回遊通路がつくられています。(何度でも回遊することができます)
回遊通路の両サイドに様々な雑貨商品が陳列されています。
そして、回遊通路の最後に、三列に並んだ精算カウンターがあり、合計13台のレジスターが設置されています。

Photo_11

「フライングタイガーコペンハーゲン表参道ストア」の商品空間

Photo_14

Photo_15 Photo_17

Photo_16

「フライングタイガーコペンハーゲン表参道ストア」のお客様のアクション

※回遊中のお客様
Photo_12

※商品を入れたかごを持ってレジに並ぶお客様
Photo_13

「フライングタイガーコペンハーゲン表参道ストア」の店員のアクション

この店がお客様に提供している「店員のアクション」は、

(1)来店客に、一方通行の回遊通路を案内する店員のアクション

(2)商品の補充やチェックをする店員のアクション

(3)精算客の行列の最後尾を案内する店員のアクション

(4)精算の順番が来たことを知らせる店員のアクション

(5)精算作業をする店員のアクション

以上の店員のアクションは、作業中の店員のアクションとして、店内のなわばりを解除するとともに、多くの回遊客の購入意欲を高めます。

しかし、いずれの動きを観察しても、動作の仕方に関しては、特別な訓練を受けた「接客コミュニケーション」は行われてはいません。店員個人の裁量に任された、接客(お辞儀や案内)になっています。

(1)作業や案内や説明をする店員のアクション

※案内や説明をする店員
Photo_2

※作業中の店員
Photo_3

※最後尾案内をする店員と作業中の店員
Photo_4

※案内や誘導をする店員
Photo_6

(2)精算作業をする店員のアクション

※進行方向右側のカウンターで、手を挙げてお客様に順番を知らせる店員
Photo_7

※進行方向左側の精算カウンター(4台のレジスタ-)
Photo_8

※中央の精算カウンター(4台のレジスター)
Photo_9


※カジュアルなファッションで接客をする店員
Photo_10

「フライングタイガーコペンハーゲン表参道ストア」は、「第四世代の店」

(1)この店の立地。
この店は、若者のファッションの街として全国的に有名な観光スポットにあり、見知らぬ客が大勢行き交う「移動空間」に立地しています。
※人はなわばりが解除された移動空間でモノを買いたくなる。
Photo_3


(2)この店の接客方法。
この店は、特別な「接客アクション」は導入せずに、店員各自の裁量に任された「一見接客」が行われています。(「一見接客」はお客様の匿名性を守る)
※13台のレジカウンターが用意されていますが、規模の大きい店内には大勢のお客様が回遊し、精算を待つ長い行列が生じます。そして、その行列がサクラパワーを生み出して、回遊客を引きつけ、店内のなわばりをいっそう解除しています。

1

(3)この店の店舗構造。
この店は、セルフ販売方式(一見接客)のための店舗構造「店員空間がある、引き込み・回遊型店」となっています。
※三列のレジカウンタ-に、合計13台のレジスターが設置されています。そして、精算をするお客様と店員のアクションは、店内のなわばりを解除し、お客様の購入意欲を促進します。

Photo_11

以上の3つの観点からとらえて、この店は、現代人が引き付けられやすい「第四世代の店」の条件を備えた店であるといえます。

●関連記事
「フライングタイガーコペンハーゲン表参道ストア」の絶えない行列

22

|

« 85.「頑固なお客様」との相性。自分本位な店員は、同じタイプのお客様とケンカになりやすい。 | トップページ | 86.「頼りないお客様」との相性。。買う気がなさそうなお客様には、出来るだけそっとしておくこと。 »

◆繁盛店の分析」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

投稿: 添え状の書き方 | 2014年6月16日 (月) 10時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/59658519

この記事へのトラックバック一覧です: 「フライングタイガーコペンハーゲン表参道ストア」の店員とお客様の動き:

« 85.「頑固なお客様」との相性。自分本位な店員は、同じタイプのお客様とケンカになりやすい。 | トップページ | 86.「頼りないお客様」との相性。。買う気がなさそうなお客様には、出来るだけそっとしておくこと。 »