« ジャンプ女子ノーマルヒルの高梨沙羅選手の動きの分析 | トップページ | ノルディックスキー複合 渡辺暁斗選手と荻原健司さんの動きの分析 »

2014年2月13日 (木)

スノーボードハーフパイプ 平野歩夢選手と平岡卓選手の動きの分析

人の身体の「動き」が発信する情報や、影響力について

少しでも多くの方々にわかっていただくために

有名人の動きを紹介しています。


今回は、

ソチオリンピックのスノーボードハーフパイプで、

日本最年少で銀メダルを獲得した

平野歩夢選手(15歳・中学3年生・新潟県)と、

銅メダルを獲得した

平岡卓選手(18歳・高校3年生・奈良県)です。

なお二人は、今大会、日本に初のメダルをもたらしました。

またこの種目で3大会連続の金メダル獲得を狙った

アメリカのショーン・ホワイト選手は4位。

http://youtu.be/kTKHzjETySw?t=1m

※この動画はリンク先でご覧ください。

●平野歩夢選手の動き

平野歩夢選手の動きの特徴は、「不動の動き」です。


※約1分~1分17秒の動きをご覧ください。

Photo_3

●平岡卓選手の動き

平岡卓選手の動きの特徴は、「不動の動き
」です。

約1分30秒から42秒の動きにご注目ください。
Photo_5


不動の動き
が得意な「動かない上司」と「動かない部下」

Photo_6

22

人気ブログランキングへ

|

« ジャンプ女子ノーマルヒルの高梨沙羅選手の動きの分析 | トップページ | ノルディックスキー複合 渡辺暁斗選手と荻原健司さんの動きの分析 »

◆上司と部下の「動き」の組み合わせから生まれる成功と失敗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スノーボードハーフパイプ 平野歩夢選手と平岡卓選手の動きの分析:

« ジャンプ女子ノーマルヒルの高梨沙羅選手の動きの分析 | トップページ | ノルディックスキー複合 渡辺暁斗選手と荻原健司さんの動きの分析 »