« 前向きな上司と前向きな部下の成功と失敗 | トップページ | 前向きな上司と機敏な部下の成功と失敗 »

2013年11月28日 (木)

話が飛ぶ動きを持つ有名人(ビートたけし)

「人間関係から生まれる成功と失敗」のブログでは、13タイプの動きをする上司と部下の人間関係から生まれる基本的な成功と失敗事例を随時報告しています。

今回は、「話が飛ぶ上司と部下」をわかりやすくご理解いただくために、有名人の同じ動きを紹介しています。

●話が飛ぶ動き(不注意指示の動き)が得意な有名人 

※中央:ビートたけし

Photo_11
2
3

※他の番組でもこのような動きは多く見られる。
4

※不注意指示の動きが得意な「ビートたけし」は、見当違いの方向を指し示すアクションを多投することによって、「とんでもないことを言い出す面白い人」というキャラクターを表現し、現在もお笑いの世界の大御所として活躍しています。


●話が飛ぶ動き(不注意指示の動き)が得意な上司

Photo_13

●話が飛ぶ動き(不注意指示の動き)が得意な部下
Photo_14

以上の話が飛ぶタイプの有名人の動きがわかれば、話が飛ぶタイプの上司と部下の人間関係がよりわかりやすくなります。

話が飛ぶ上司と優柔不断な部下の成功と失敗 2013.11.13
話が飛ぶ上司と話が飛ぶ部下の成功と失敗 2013.11.12
話が飛ぶ上司とアバウトな部下の成功と失敗 2013.11.11
話が飛ぶ上司と仕切りやの部下の成功と失敗 2013.11.10

22
 
 人気ブログランキングへ

|

« 前向きな上司と前向きな部下の成功と失敗 | トップページ | 前向きな上司と機敏な部下の成功と失敗 »

◆上司と部下の「動き」の組み合わせから生まれる成功と失敗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 話が飛ぶ動きを持つ有名人(ビートたけし):

« 前向きな上司と前向きな部下の成功と失敗 | トップページ | 前向きな上司と機敏な部下の成功と失敗 »