« 「フライングタイガーコペンハーゲン表参道ストア」の絶えない行列 | トップページ | ③コミュニケーションの10ポイント 一番大切なのは身体の動き »

2013年10月20日 (日)

⑦営業に行った先から断られたことはあまりない

■カテゴリー「売れる営業マン売れない営業マン」シリーズの78です。

「できないけれど好かれる営業マン」の見分け方

従来まで、実務能力がない営業マンは、失敗が多く、
一人では仕事を完結することができずに周囲に迷惑をかけるので、典型的に「できない営業マン」だと思われてきました。

しかし、このような「できない営業マン」の中に、実は、多くの客から愛される「できないけれど好かれる営業マン」が混じっています。

そして、このような人は他のスタッフの協力を得ることによって、「できる営業マン」に変身する可能性を持っているのです。

これから紹介する①~⑩の10枚のマンガは、このタイプの営業マンが遭遇しやすい出来事や、日頃持ちやすい考え方を描いたものです。

これらを読んで、あなたが共感する状況が多ければ、あなた自身が、また、部下や同僚に当てはまる人がいたとしたら、その人が「できないけれど好かれる営業マン」なのです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

⑦営業に行った先から断られたことはあまりない

P247


このタイプの営業マンは、

新規の営業開発においては、

たいていの場合、

自分としては断られたとは思わない。

しかし、

同行者からは

「断られたことがわからないのですか?」

と、よく言われる。


Photo_8


人気ブログランキングへ

|

« 「フライングタイガーコペンハーゲン表参道ストア」の絶えない行列 | トップページ | ③コミュニケーションの10ポイント 一番大切なのは身体の動き »

◆売れる営業マン売れない営業マン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ⑦営業に行った先から断られたことはあまりない:

« 「フライングタイガーコペンハーゲン表参道ストア」の絶えない行列 | トップページ | ③コミュニケーションの10ポイント 一番大切なのは身体の動き »