« 8.おもてなしは感じのいい「案内」から生まれる(2) | トップページ | 日本式できる営業マンの見分け方 »

2013年10月 7日 (月)

欧米式できる営業マンの見分け方

■カテゴリー「売れる営業マン売れない営業マン」シリーズの68です。

営業マンは、次の四つのタイプに分類することができます。
(1)
欧米式できる営業マン
(2)日本式できる営業マ
(3)できないけれど好かれる営業マン
(4)できない上に嫌われる営業マン

そして、どのタイプの営業マンなのかは、その人の「動きグセ」を見ることによって簡単に見抜くことができます。

人はそれぞれ固有の「動きグセ」を持っており、その「動きグセ」によって得意なアクションと不得意なアクションが生まれるからです。

営業マンにかかわる人たちは、その営業マンがどのタイプの営業マンであるかということをよく知る必要があります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

欧米式できる営業マンの見分け方 P236

「欧米式できる営業マン」は社外でも社内でも、

自分が相手よりも優位であることを示す「優位アクション」を行います。

社内でリーダーシップを発揮することは有効ですが、

客の前でもやはりリーダーシップを発揮してしまうので、

客から優秀さを買われることはあっても、

好かれることはありません。

残念ながら日本の社会ではなかなか受け入れられにくいタイプです。

Photo_8


人気ブログランキングへ

|

« 8.おもてなしは感じのいい「案内」から生まれる(2) | トップページ | 日本式できる営業マンの見分け方 »

◆売れる営業マン売れない営業マン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 欧米式できる営業マンの見分け方:

« 8.おもてなしは感じのいい「案内」から生まれる(2) | トップページ | 日本式できる営業マンの見分け方 »