« タイミングよく出てくるコーヒー | トップページ | 大声で追いかけてくれた朝顔市の店員さん »

2013年8月16日 (金)

何度も声をかけてくれた熱心なサービスマン

今回は、カテゴリー「お客様が感動する接客サービス」シリーズの13です。

私たちが相手に対して「感動」をおぼえるのは、実は相手が自分よりも劣位な態度をとってくれた時です。人は自分を「優位」な立場にしてくれる相手に対して思わず感動してしまうのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

社員のA君から聞いた話です。
彼が、奥さんと子供二人を連れて、車で海水浴に行った時のことです。
途中、車の調子がおかしくなり、やむを得ず近くにあった自分の車のディーラーと同系列の店で直してもらった時の感動話です。

Photo_2
ドライバーにとって先を急いでいる途中で車が故障したときほど不安なことはありません。
些細なトラブルなのか、あるいは大変な問題が生じたのか、そしてそれはすぐに直るのか、それとも時間がかかるのかと、本当に困ってしまいます。

彼は、普段利用していないこの店のサービスマンが、すぐに車を調べて故障の状態を教えてくれたうえに、頻繁に声をかけてくれたおかげで、何の心配もせずに修理が終わるのを待つことができました。

そして最後に、修理代もとらず、出発する彼の車を手を振って見送ってくれました。

一見客であるにもかかわらず、彼と彼の家族を常に「優位」な立場にしてくれた、サービスマンの一連の行為に感動したのだそうです。

Photo_8

人気ブログランキングへ

|

« タイミングよく出てくるコーヒー | トップページ | 大声で追いかけてくれた朝顔市の店員さん »

◆マンガお客様が感動する接客サービス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/57991754

この記事へのトラックバック一覧です: 何度も声をかけてくれた熱心なサービスマン:

« タイミングよく出てくるコーヒー | トップページ | 大声で追いかけてくれた朝顔市の店員さん »