« 安い小道具を持つ営業マンは客を安心させる | トップページ | 客は一番安い会社ではなく好きな営業マンを選択する »

2013年8月24日 (土)

すぐに「ちゃん」づけで呼ばれる営業マンは客の怒りを鎮める

■カテゴリー「売れる営業マン売れない営業マン」シリーズの45です。

どんなに優秀な営業マンであっても、客とうまくかみ合わなければ客の心をつかむことはできません。
客の実態をよく知り、その客にふさわしい対応をすることこそが効果的な営業なのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


■すぐに「ちゃん」づけで呼ばれる営業マンは客の怒りを鎮める

P157_2
客(担当者)と営業マンは、関係が深まるに連れて、お互いに呼び方が変化してきます。

営業マンの場合は、初めのうちは、客(担当者)を「部長さん」「課長さん」などと役職名で呼びますが、次第に「○○部長」「○○課長」となり、やがては「○○さん」と名前で呼べるようになっていきます。

一方、客(担当者)はよほどのことがない限り、営業マンのことをたいてい最初から「○○さん」「○○君」と名前で呼びます。
そして、一部の営業マンは、「○○ちゃん」とちゃんづけで呼ばれるようになるのです。

それでは一般に「ちゃん」づけで呼ばれやすい営業マンはどのような人なのでしょうか?

(1)いつもにこにこよく笑い、客(担当者)が気軽につけ込む隙を提供することができる人
(2)少しおっちょこちょいなところがある人
(3)いいかげんでだらしのないところがあり、少しくらいふざけても怒りそうもな
い人
以上のように、客(担当者)からは、少し劣位な人だと感じられやすい営業マンが、「○○ちゃん」と呼ばれるようになりやすいのです。

そして、客(担当者)から、伊藤ちゃん、鈴木ちゃん、山ちゃんなどと呼ばれるようになると、その営業マンは、客(担当者)から仲間のように受け入れられ、特別に客(担当者)のなわばりの中に自由に出入りすることができるようになります。

そうなると、仕事上で多少のトラブルが起きたとしても、客(担当者)は自分ができる範囲内で、「○○ちゃん」
営業マンをかばってくれるようになるのです。


Photo_8

人気ブログランキングへ

|

« 安い小道具を持つ営業マンは客を安心させる | トップページ | 客は一番安い会社ではなく好きな営業マンを選択する »

◆売れる営業マン売れない営業マン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すぐに「ちゃん」づけで呼ばれる営業マンは客の怒りを鎮める:

« 安い小道具を持つ営業マンは客を安心させる | トップページ | 客は一番安い会社ではなく好きな営業マンを選択する »