« 青森港の両替 | トップページ | 重い買い物カゴを包装台まで運んでくれた店員さん »

2013年8月19日 (月)

バッテリーを直してくれた空港駐車場の係員

今回は、カテゴリー「お客様が感動する接客サービス」シリーズの16です。

も私たちが相手に対して「感動」をおぼえるのは、実は相手が自分よりも劣位な態度をとってくれた時です。人は自分を「優位」な立場にしてくれる相手に対して思わず感動してしまうのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うずいぶん前になりますが、今年のような蒸し暑い夏の午後に、私たちは九州地方の講演会に行くために、羽田空港(東京国際空港)の駐車場に車を止めました。
そして、翌々日の最終便で戻ってきた時、車のエンジンがかかりませんでした。
Photo
急いでいたとはいえ、不注意でバッテリーが上がってしまった私たちは、がっかりしながら事務所の係員の指示にしたがってJAFを呼ぼうと自分たちの車に引き返して来ました。

すると、係員の一人が
声をかけてくれました。
その係員さんは1台の車をそばに止めて、テキパキとバッテリーチャージコードをつないでくれました。おかげですぐに、エンジンは動きだしました。

そして「これは応急処置だから、暑いけどクーラーはつけない方がいい…」
などと、いろいろ心配してくれました。

困り果てていたので、係員さんの行為は本当にありがたいと思いました。私達は何度もお礼を言って、その場は失礼しました。

すぐにお礼に行くつもりではいましたが、なかなか都合がつかず、私たちがその駐車場を訪ねたのは、10日以上も経ってからのことでした。

駐車場に行ってみると、残念ながらあの時の親切な係員さんはもうすでに駐車場を辞めてしまわれていました。

今思えば、もうすぐ駐車場を辞める予定だったにもかかわらず、困っていた私たちのためにあんなに親切にしてくれた係員さんの行為に、再び感動しました。


Photo_8


人気ブログランキングへ

|

« 青森港の両替 | トップページ | 重い買い物カゴを包装台まで運んでくれた店員さん »

◆マンガお客様が感動する接客サービス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バッテリーを直してくれた空港駐車場の係員:

« 青森港の両替 | トップページ | 重い買い物カゴを包装台まで運んでくれた店員さん »