« 営業マンの笑顔は客の心を開く | トップページ | 達人店員の接客テクニック(技術)⑬自信のあるうなずき方 »

2013年7月18日 (木)

現代の店には「サクラ」はいない、は間違いです。

*今回は、カテゴリー「間違いだらけの接客方法」シリーズの24です。

現代の店には「サクラ」はいない、は間違いです。

まだ、身近にスーパーやコンビニなどの多くの店が登場していなかった時代には、祭りや縁日に立つ露天商の店は多くの客で賑わいました。

客は露天商が店に並べる様々な珍しい商品を見て歩くだけでも十分に心を満たすことができましたが、「サクラ」を使って何やら怪しげな商品を販売する店にも強く引きつけられました。

当時の客は、薄々は「この客はサクラだな」と気づきながらも、そのスリリングな駆け引きに強い魅力を感じていたのです。
多くの客は、「サクラ」が販売を促進するために非常に効果的であるということを良く知っていました。

さて、時代は流れ、そのような怪しい店は非常に少なくなりました。
しかし、果たして、現代の店には「サクラ」は存在しなくなったのでしょうか?

実は、現代のほとんどの店においても、「サクラ」の存在が、客を引きつけたり遠ざけたりしているのです。

P74

店における店員(販売員)のアクションが、客を引きつけたり遠ざけたりしているということについては、再三に渡ってレポートしてきました。

しかし、それらの店員のアクションよりもなお強く、客を引きつけたり遠ざけたりしているモノは、客のアクションなのです。

一人目の客の姿は二人目の客を引きつける強力な「サクラ」のパワーとなります。
二人、三人と店に存在する客の姿は、さらに強力な「サクラパワー」となって、次々と他の客を引きつけていく
のです。

通行客は、その店の商品そのものに興味があるかないかにかかわらず、「サクラパワー」が生じている店には、思わず引きつけられてしまいます。

Photo_71_2

店員(販売員)は、自分たちが販売している商品の魅力に引きつけられて、客が店にやって来るのだと思い込まないことが大切です。

客は、自分たちの店に生じた「サクラパワー」によって、店に引きつけられて来るのだと理解することが大切なのです。

「サクラパワー」によって引きつけられた客の多くは、商品を冷やかしただけで店から立ち去って行くでしょうが、冷やかしている間に新しい「サクラパワー」となって、次の多くの客を引きつける役割を果たしてくれます。

「サクラパワー」に引きつけられた客が次々とやって来るうちに、次第に買う客が現れ、売り上げにつながる大勢の客も獲得することができるのです。

■客が来るや否や「いらっしゃいませ!」と言う早すぎる接客アプローチをしてはいけないわけは、せっかく生じた「サクラパワー」を打ち消してしまうからです。


Photo_8



人気ブログランキングへ

|

« 営業マンの笑顔は客の心を開く | トップページ | 達人店員の接客テクニック(技術)⑬自信のあるうなずき方 »

◆間違いだらけの接客方法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現代の店には「サクラ」はいない、は間違いです。:

« 営業マンの笑顔は客の心を開く | トップページ | 達人店員の接客テクニック(技術)⑬自信のあるうなずき方 »