« 「いらっしゃいませ!」と声をかけるから売れるというのは、間違いです。 | トップページ | 客が近づいて来たらすぐに作業を止めること、は間違いです。 »

2013年6月30日 (日)

達人店員(販売員)の接客テクニック(技術)⑩親切な対応の仕方

今回はカテゴリー「達人店員(販売員)の接客テクニック(技術)」シリーズの10です。

お客様からの質問や相談に答えたり、商品の説明をしたときには、お客様が理解したかどうかをきちんと確認することが大切です。

お客様が買うか買わないかがはっきりしていない時には、じっと見つめるとお客様にプレッシャーを与えてしまうので注意が必要ですが、実際に説明をする時には、きちんと相手を見て対応することが重要です。
すぐに相手から目を離さず、きちんと相手のリアクションを確認することが、親切な対応です。

↓モノを渡したり働きかけるときには、お客様を見てゆっくり前傾する。
Photo






↓モノを渡した後も、すぐに目を離さず、穏やかにお客様を見ている。

Photo_2

↓お客様のリアクションを確認して終了。
Photo_3

 ちなみに、モノを渡したり説明している途中に、相手から目をそらしてしまうと、そっけなく冷たい対応だと感じられてしまいます。

Photo_6


 物販店では、店員(販売員)はお客様から声がかからないうちは、お客様と目線を合わせる必要はありませんが、接客を開始してからは、そっけないイメージにならないように、適度にお客様に視線を送りながら対応することが大切です。

Photo_8


人気ブログランキングへ



■主に使用する動き


接近の動き
身体を前に向かってゆっくり動かす動き

09sekkinb_2
←この画像をクリックすると「接近の動き」をします。

|

« 「いらっしゃいませ!」と声をかけるから売れるというのは、間違いです。 | トップページ | 客が近づいて来たらすぐに作業を止めること、は間違いです。 »

◆達人店員(販売員)の接客テクニック(技術)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/57656456

この記事へのトラックバック一覧です: 達人店員(販売員)の接客テクニック(技術)⑩親切な対応の仕方:

« 「いらっしゃいませ!」と声をかけるから売れるというのは、間違いです。 | トップページ | 客が近づいて来たらすぐに作業を止めること、は間違いです。 »