« 熱意と強い意志を感じさせるお辞儀        | トップページ | 賑わう唯一のセルフ販売コーナー(伊勢丹・新宿本店) »

2013年5月 9日 (木)

領収書はなぜお釣りと一緒にもらえないのか?

ほとんど毎日利用するコーヒショップで今日もまた同じ内容のテイクアウトを注文した。今日の係は、いつもやり取りがうまくゆかない女性店員とベテラン女性店員のコンビだった。今日はベテランがついているから大丈夫か。

女性店員:「いらっしゃいませ!」
私   :「テイクアウトで、これ(デニッシュ)とアメリカンMサイズ下さい」
女性店員:「かしこまりました」
     「テイクアウト、デニッシュ、アメリカンMお願い致します」
      (ベテラン店員に向かって)

普段なら、私の注文を受けた女性店員がテイクアウト用の紙袋とナプキンとマドラーを用意しながら「400円頂戴いたします」というはずなのだが、この女性店員は何ごとにものんびりしている。彼女がのんびりしている間に、なんとベテラン店員がすばやく砂糖とミルクとナプキンとマドラーを用意した。

女性店員:「400円頂戴いたします」
私は女性店員に400円とポイントカードを手渡す。
女性店員:「ポイントカードありがとうございました」

ポイントカードを受け取りながら、見ると、ベテラン店員はできたてのコーヒを素早くテイクアウト用紙袋に入れ、全てのセットを詰め込んだ。

包装が完了するころになって、のんびりした女性店員が私に向かって、非常にていねいに領収書を手渡し始めた。
女性店員:「領収書でございます」
思わず受け取る私。たかだが400円の領収書で、そんなにていねいにされてもなんだか困る。(私は特に領収書は必要ないが、予想外のことが起きるとなぜか受け取ってしまう)

ベテラン店員が私にテイクアウト袋を渡す。
「デニッシュ、アメリカンMありがとうございました」
ベテラン店員の機転で、一見何ごともなく接客は終了したが、客の私には、いつもとは違う対応が要求されてすっきりとはしなかった。

今日もテイクアウトの袋の中は完璧だった。ベテラン店員がサポートしていたから間違いなく一個ずつ入っていた。コーヒー、デニッシュ、砂糖、ミルク、マドラー、ナプキン。

この店のテイクアウトは原則として二人の店員がセットして手渡す方式。
そのために、レジの担当者が注文を聞いて、テイクアウトの袋、デニッシュ、砂糖、ミルク、マ
ドラー、ナプキンを用意して、別のスタッフが、作ったコーヒーと用意されたテイクアウト用の一式を詰めて客に手渡すシステム。

さて、この店の店員は、客が注文と同時にお金を渡そうとしても受け取らない。
注文を聞いて「○○円でございます」と言ったにもかかわらず受け取らない。

なぜなら、店員はただちにテイクアウト用のセットの準備に取り掛かかるからだ。その準備を終えてから、再び「○○円でございます」と言って、ようやくお金とポイントカードを受け取る。お金を渡すタイミングが分からないために、お金を持ってうろうろしたり、カウンターに置いてある小さな現金用トレイにお金を置く客もいる。

またお金を受け取った店員は、お釣りと一緒に領収書を手渡さない。まず、ポイントカードを渡し、次にお釣りを手渡した後で、最後に領収書を手渡す。領収書が不要な客のために、領収書の捨て箱も用意されてるが、お釣りと一緒には手渡さない。客はこの間、何度も手を出したり引っ込めたりして落ち着かない。


Photo_8

人気ブログランキングへ

○○コーヒーショップの社長さん(店長さん)!
領収書はなぜ、①お釣りと一緒に手渡す、②おつりを手渡してから後で手渡す、③領収書は必要でしょうかと聞く、④領収書は一切渡さないなど、係の人によって違うのでしょうか?

Photo

|

« 熱意と強い意志を感じさせるお辞儀        | トップページ | 賑わう唯一のセルフ販売コーナー(伊勢丹・新宿本店) »

◆今日の接客」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 領収書はなぜお釣りと一緒にもらえないのか?:

« 熱意と強い意志を感じさせるお辞儀        | トップページ | 賑わう唯一のセルフ販売コーナー(伊勢丹・新宿本店) »