« 賑わう唯一のセルフ販売コーナー(伊勢丹・新宿本店) | トップページ | レギュラーサイズの靴を買った »

2013年5月10日 (金)

自分勝手な熱意を表すお辞儀

人の動き研究室では、販売現場における店員と客のコミュニケーションを観察・分析しています。
客が店に近づいてくるまでの段階で重要なのは、「
店舗構造」(客を引きつける店員のアクションが生じやすい構造)と、店員のアクション(なわばりを解除する店員のアクション)です。
次に、やって来た客が買い物をする段階で重要なのは、接客時に店員が行うアクションです。客が再びその店を利用するかどうかは、店員が感じのいいアクション、すなわち、感じのいい「お辞儀」「うなずき」「案内」をするかどうかで決まります。誰でも、感じのいい「お辞儀」「うなずき」「案内」によって、客の心をつかむことができます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回は、一部の業種で役に立つ「自分勝手な熱意、または強い服従を表すお辞儀」を映像ロボット・アク太郎がアクションで紹介します。

お辞儀の動きを分析すると、
1.頭を含む上半身を前傾する動き(頭を下げる動き)
2.前傾した頭を含む上半身を元に戻す動き(頭を上げる動き)

から成り立っていることが分かります。
これら二つのアクションを1セットにして、一つの「お辞儀アクション」とします。


頭を勢いよく下げて、勢いよく上げるお辞儀
が語るメッセージは、
1.自分勝手な熱意
2.強い服従

です

まず、アクションロボット・アク太郎のお辞儀アクションを見てください。「頭を勢いよく下げて、勢いよく上げる」お辞儀アクションからは、「自分勝手な熱意」または「強い服従」というアクション言語が伝わります。

■このお辞儀が適切な時、不適切な時

このお辞儀は二つの意味を持っています。

まず、一つは、未熟で自分勝手な熱意を感じさせます。
もしもあなたが若い男性アイドルで、元気で生意気なキャラでファンの人気を得ているのなら、このお辞儀アクションがぴったりです。
しかし、若さにまかせた勢いのいいお辞儀をしているアイドルも、時間がたって大人のスターになるとお辞儀アクションを使い分けられるようになります。
また、大人になっても、ごく親しい間柄では、あえてこのようなお辞儀をすることがあります。
Photo_2
※若いアイドルは、元気でやんちゃなキャラを表現するために、このようなお辞儀をする。


もう一つの意味は強い服従です。
体育会系の部員や自衛隊のような規律の厳しい組織で見られるお辞儀で、組織に対する一体感や個人の存在をなくした強い忠誠心を表します。

一般的な接客には不向きですが、鮮魚売り場や一部の居酒屋のように、特別に威勢の良さを売り物にしている店で使われることがあります。


Photo_8

人気ブログランキングへ


■このお辞儀に使われた身体アクション 
 ●攻撃の動き
 ●独断の動き
 ※それぞれの動きのメッセージについては13種類のアクションを参照してください。

※接客三大アクションの詳しい内容は、
アイフォン用アプリ「接客上手下手はアクションで決まる」をご覧ください。

|

« 賑わう唯一のセルフ販売コーナー(伊勢丹・新宿本店) | トップページ | レギュラーサイズの靴を買った »

◆接客三大アクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/57374490

この記事へのトラックバック一覧です: 自分勝手な熱意を表すお辞儀:

« 賑わう唯一のセルフ販売コーナー(伊勢丹・新宿本店) | トップページ | レギュラーサイズの靴を買った »