« 打ち間違えた店員のリアクション | トップページ | 完璧な店員の接客 »

2013年5月 2日 (木)

かきたねキッチン(エキュート品川サウス)

Photo

JR品川駅の駅ナカショップ・「エキュート品川サウス」にある「かきたねキッチン」の、「三空間店舗構造」と「店員と客のアクション」について、「人の動き」という観点から分析したいと思います。

「かきたねキッチン」は、大阪のあられ・おかきの専門店「とよす」が手掛ける柿の種の専門店です。豊富な種類の柿の種を様々なパッケージに入れてセルフ販売を行うのに加えて、店頭の計量ディスペンサーで最大3種類の柿の種をミックスできる売り方も大好評の店です。

(1)「かきたねキッチン」の平面図

①緑が商品空間
②空色が店員空間
③客空間はパーテーションで区切られた通路上
④赤が店員
⑤青が客

Photo_12


(2)「かきたねキッチン」の店舗構造

この店は、「店員空間が狭い接触型店」の構造になっています。

Zu1_semais

(店員空間が狭い接触型店)

(3)「かきたねキッチン」の店員空間と店員のアクション

「店員空間が狭い接触型店」は、従来は対面販売を行うための構造でしたが、近年ではセルフ販売を採用した店がたくさん登場してきています。
この店も、完全なセルフ販売方式を採用した店となっています。
従来の「店員空間が狭い接触型店」は、「客を遠ざける店員のアクション」が生じやすい店の構造でしたが、セルフ販売のこの店では、ほとんど生じていません。店員は、レジカウンターに来た客が注文をしてから、様々な接客作業を開始します。


Photo_3
(レジカウンターで、客に対応する店員のアクションは「客を引きつける店員のアクション」です)

Photo_8
(セルフ販売の店では、店員がじっと立つアクションをしても、客は気になりません)


Photo_4
(精算&包装を行う店員や、商品の補充&整理・整頓を行う店員などが、狭い店員空間で作業をしたり待機したりしています)


(4)「かきたねキッチン」の商品空間

セルフ販売方式のこの店の「商品空間」は、なわばりが解除されているために、客が自由に選べる「商品空間」となっています。
また、豊富なオリジナル商品が陳列されていることによって、商品自体から「冷やかし安全信号」が発信されています。

Photo_5
(豊富な種類の商品空間からは、冷やかし安全信号が発信され、なわばりが解除されています)


Photo_6
(客の注文に応じて、商品をミックスする「
計量ディスペンサー」を設置しています)

(5)「かきたねキッチン」の客空間

「店員空間が狭い接触型店」には「客空間」はありません。
しかし「セルフ販売」を採用しているこの店は、「商品空間」に沿った通路上にベルトパーテーションを使用して、
あらかじめ「客空間」を用意しています。
その「客空間」に順番に並んで商品を選ぶ客の姿は、「サクラパワー」となって、この店全体のなわばりを解除して、通行客を引きつけます。

Photo_7
(順番に並んで精算をする客の姿が「サクラパワー」を生み出します)


Photo_9
(店外の通路側から見た客空間)

Photo_8


人気ブログランキングへ



(6)この店が客を引きつけるとき、客を遠ざけるとき

(1)この店は、規模の小さい「店員空間が狭い接触型店」ですが、完全なセルフ販売を採用していることによって、多くの通行客を引きつけます。

(2)客の注文を受けてから開始する接客方法は、「客を遠ざける店員のアクション」を生み出しません。
反対に「接客中の店員のアクション」は、「客を引きつける店員のアクション」となって、通行客を引きつけます。


(3)あらかじめ用意されたベルトパーテーションに沿って順番に精算をする客の姿は、「サクラパワー」を生み出して通行客を引きつけます。


(4)豊富な商品が陳列されたセルフ販売の「商品空間」は、常になわばりが解除されているために、客は気軽に冷やかすことができます。

(5)誰も客がいない状況になったときに、店員がレジカウンターにじっと立って客待ち姿勢をするときは、この店の場合でも、多少は冷やかしにくいイメージの店となりますが、ほとんどそのような状況は生じていません。

|

« 打ち間違えた店員のリアクション | トップページ | 完璧な店員の接客 »

◆エキュート品川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かきたねキッチン(エキュート品川サウス):

« 打ち間違えた店員のリアクション | トップページ | 完璧な店員の接客 »