« 有名な建築家ほど売れない店をつくりやすい | トップページ | 多くの売れない店が一部の売れる店をつくる »

2013年3月 1日 (金)

東京キャラクターストリートはなぜ客を引きつけるのか?

「サクラパワー」と「冷やかし安全信号」が多くの客を引きつている

東京キャラクターストリートを構成する「21店舗(イベントスペースのお店を含む)」の全ての店の、「客を引きつける店員のアクション」と「客を引きつける客のアクション」を分析しています。

Photo_8


人気ブログランキングへ

Img_0486

(1)日本一の「移動空間」に存在する21店舗の店

100年前の姿に戻ったJR東京駅丸の内駅舎のリニューアルなど、東京駅および周辺のリニューアルを背景にして、東京駅がますます魅力的な回遊空間として人気を集めています。
大勢の見知らぬ客がそれぞれの目的をもって移動する空間(移動空間)に存在する「東京キャラクターストリート」は典型的な「移動空間」に生まれた「第四世代の店」と言えるでしょう。

●東京キャラクターストリート平面図(番号は店舗名番号と同じ)Photo_2

(2)「似たような店」がたくさん集まる場所に、人は引きつけられる

キャラクター関連グッズを販売している店ばかり21店舗を集めることによって、多くの客を引きつけています。客は同じような店が集まるところは、安くていいものが購入できると感じて強く引きつけられるのです。
縁日の市、朝市、朝顔市、ボロ市など、いずれも「似たような店」が立ち並び大勢の客を引きつけています。近くにある「東京ラーメンストリート」や「東京おかしランド」も同じです。

(3)全ての店が同じ構造をしている

店は、「商品空間」と「店員空間」と「客空間」の三空間から構成されており、その三空間がどのようにつくられた店であるかによって、八つのタイプの構造に分類できます。

Photo_2

東京キャラクターストリートの店は、全て「店員空間がある、接触・引き込み・回遊型」の構造をしています。

Photo_3

(4)東京キャラクターストリート全体が一つの店になっている。

同じ店舗構造で、似たような商品を販売しているために、東京キャラクターストリートが規模の大きいい「一つの店」であるかのように感じさせています。客はそれぞれの店は、東京キャラクターストリートの各コーナーだと感じて、店から店へ回遊しているのです。

Img_0557

(5)商品空間は「なわばり解除」されている

一般的な店が、商品空間にディスプレイするためにわざわざ購入する「冷やかし安全信号」そのものを、商品として販売しているために、店全体が「なわばり解除」されています

Photo_3

Img_0671

(6)「客を引きつける店員のアクション」になっている

店員(販売員)が何らかの作業をしていたり、他の客に接客をしていると、店員(販売員)の「なわばり主張」は手薄になり、店のなわばりは解除された状態(なわばり解除)になるため、客は近づきやすくなります。

言いかえれば、客は店員(販売員)が自分以外のものに注意を集中していることがわかると、すぐには接客されないと感じられるため、安心して商品に近づくことができるのです

1.作業中のアクション例

Photo_11


2


2.他の客に接客中のアクション例

4

Photo_12


(7)「客を遠ざける店員のアクション」が少ない

店員(販売員)が店頭や店内にじっと立っていると、店員が自分のなわばりであることを主張(なわばり主張)しているように感じられるため、侵入者である客は無意識のうちに遠ざかってしまいます。

言いかえれば、店員(販売員)が店頭や店内でじっと客を待っている様子を見ると、客はすぐに接客され自由に商品を見ることができないと感じます。

そのため、まだ、買うか買わないかがはっきりしていない客は、警戒して遠ざかってしまうのです。

1.店頭や店内でじっと立つアクション例

Photo_13


Photo_14


2

2.早すぎる「いらっしゃいませ」の例


Photo_15


3

(8)「サクラパワー現象」が生じやすい

店に客が何人かつくと、すぐには接客されない状況、すなわち客にとって安全な状況になります。
このように、先客の姿は次の客を引きつける大きな力になります。このような客を引きつける客の力を「サクラパワー現象」と呼びます


Photo_10
※サクラパワー事例1

Photo_7
※サクラパワー事例2

●東京キャラクターストリートは「第四世代の店」の条件を備えた店

第四世代の店は、見知らぬ客が大勢行き交う「移動空間」に立地して、「第四世代の店の構造」をして、「一見接客」を行うことによって多くの客を引きつけています。
東京キャラクターストリートも、「移動中に買い物がしたくなる」という人間の基本的な性質を背景にした、「移動客」を対象にした店なのです。


Photo_5

Photo_8


人気ブログランキングへ

●東京キャラクターストリートの21店舗

 なめこ市場(いちばんプラザ)

 1.松竹歌舞伎屋本舗

 2.ジャンプショップ

 3.トミカショップ

 4.プラレールショップ

 5.NHKキャラクターショップ

 6.プリキュアプリティストア

 7.スヌーピータウンミニ

 8.ラスカルショップ 

 9.どんぐりガーデン

10.フジテレビショップ

11.テレ東本舗

12.TBSストア 

13.日テレ屋

14.テレアサショップ

15.K-spot

16.ミッフィースタイル

17.ハローキティショップ

18.リラックマストア

19.カピバラさんキュルッとショップ

20.ウルトラマンワールドM78

21.レゴクリックブリック

 

 

 

|

« 有名な建築家ほど売れない店をつくりやすい | トップページ | 多くの売れない店が一部の売れる店をつくる »

◆東京キャラクターストリート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/56856881

この記事へのトラックバック一覧です: 東京キャラクターストリートはなぜ客を引きつけるのか?:

« 有名な建築家ほど売れない店をつくりやすい | トップページ | 多くの売れない店が一部の売れる店をつくる »