« 商店街を衰退させた店舗構造(その1) | トップページ | 46.自腹を切ってまで接待するのはなぜか? »

2013年3月29日 (金)

45.営業マンのホウ・レン・ソウの仕方は?.

Q「営業マンのホウ・レン・ソウの仕方は?」
A「営業マンのホウ・レン・ソウは、アバウトにしておく必要がある」

44

どんな仕事にも、報告・連絡・相談は必要だが、営業マンの場合は、必ずしもありのままのホウ・レン・ソウを行うことが良いわけではない。

なぜなら客(担当者)は勝手な都合や見栄でしゃべることも多いので、その度に上司に報告していると、営業マン自身がうそつきだということになってしまうからだ。

報告や連絡の訂正をできるだけ少なくしようとすれば、ちょっとした変化については何も言わないでおくか、または、どのように変化してもいいようにアバウトにしておく必要がある。

一般に悪い情報は報告したがらないが、営業マンの場合は良い情報であっても、確証が取れないうちに報告すると失敗することが多い。

例えば、大口の契約を予定しているという情報を客から聞かされて、直ぐに上司に報告をして、後でキャンセルになった場合は、厳しく非難されることになる。

しかし、客(担当者)からのクレームの場合は、社内への報告が遅れると取り返しがつかなくなることもあるので、営業マンのホウ・レン・ソウのタイミングには十分注意が必要である。

Photo_8


人気ブログランキングへ

営業マン心得
1.社内のホウ・レン・ソウはストレートに言うな
2.社内を振り回すホウ・レン・ソウはするな

|

« 商店街を衰退させた店舗構造(その1) | トップページ | 46.自腹を切ってまで接待するのはなぜか? »

◆営業マンこれだけ心得帖」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
20年ほど前に「新しい客がどんどん来る店」と言う著書を買って読ませていただき、
自分の店で実践したことがあります。
そして、つい最近目に付いて買った本が「入りやすい店 売れる店」でした。
読んでみてすぐ同じ方の本だと気付いて、改めてじっくり読ませていただきました。
実践してみた者としては(実践したのはほんの一部ですが)書いてあることの正しさ
を実感しています。
今は無店舗の商売をやっていますが、いつかチャンスがあったらまた店をやりたいと思って本を読ませて頂いています。
こちらのサイトはたまたま見つけて、嬉しくなってコメントしてしまいました。
これからもブログを楽しみにして読ませていただきます。

投稿: ジョブ6 | 2013年3月29日 (金) 19時31分

20年ぶりのブログでの再会(?)に関するコメントありがとうございました。

ケータイもネットショップも無い時代に、拙著をご購読くださったのがご縁で、
ブログにコメントを頂けるとは…。感動しました。
お元気そうでなによりです。
私たちは、ずっと、コミュニケーションにおける「人の動き」の役割について、
観察・分析を続けています。
店はどんどんネットショップに移行して、
リアルショップのあり方が模索されている今日です。
現代人はネットショップを利用しながらも、
リアルショップにおける店員(販売員)や他の客との
コミュニケーションを求めています。
このような時代に、リアルショップは具体的に何を提供する役割があるのかについてのご報告をしてまいります。
どうぞお暇な折にはブログをのぞきに来てください。
それでは、時節柄、ご自愛専一にて、お過ごしくださいませ。

投稿: 馬渕哲 | 2013年3月30日 (土) 16時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 45.営業マンのホウ・レン・ソウの仕方は?.:

« 商店街を衰退させた店舗構造(その1) | トップページ | 46.自腹を切ってまで接待するのはなぜか? »