« 25.無理な注文を頼まれたときには? | トップページ | 15.K-spot(東京キャラクターストリート) »

2013年2月19日 (火)

14.テレアサショップ(東京キャラクターストリート)

Photo_3

東京駅一番街の地下一階の東京キャラクターストリートの中にある、「テレアサショップ」はテレビ朝日のキャラクターショップです。


「ドラえもん」や「スイートプリキュア」「クレヨンしんちゃん」などのアニメキャラクターグッズや「アメトーーク!」「ロンドンハーツ」「いきなり!黄金伝説」などの人気バラエティ番組グッズを揃え、他に 旅行のお土産やプレゼントに最適な商品もたくさん陳列されています。

それではこの店の、商品空間と店員空間と客空間の三空間と、店員(販売員)と客のアクションの関係を分析してみましょう。

(1)テレアサショップの「三空間」平面図

   
①緑は商品空間
   ②空色は客空間
   ③レジカウンターのところが店員空間
   ④
青は購入したり回遊する客

Photo_20



(2)テレアサショップの「三空間」店舗構造


店員空間がある、接触・引き込み・回遊型店

Photo_3

(3)テレアサショップの商品空間

この店は、「ドラえもん」や「スイートプリキュア」「クレヨンしんちゃん」などのアニメキャラクターグッズや「アメトーーク!」「ロンドンハーツ」「いきなり!黄金伝説」などの人気バラエティ番組グッズ
等が多数取り揃えられているために、「商品空間」そのものから「冷やかし安全信号」(冷やかしても安全だという信号)が発信され、なわばり解除」の状況となっています。

●商品そのものから「冷やかし安全信号」が発信されています。Photo_10

Photo

●馴染みの番組グッズからも「冷やかし安全信号」が発信されています。Photo_12

(4)テレアサショップの店員(販売員)のアクション

この店の店員(販売員)のアクションは、レジカウンターにおける接客中と客空間における作業中のアクションを行っていますが、いずれも「客を引きつける店員のアクション」となっています。

●奥のレジカウンター(店員空間)に店員(販売員)がいても、何らかの作業中であれば、客は気になりません。

Photo_17

●作業中のアクションは「客を引きつけるアクション」です。Photo_2

(5)テレアサショップの「客空間」と客のアクション

商品を眺めるために、店頭に立ち止まったり店内を回遊したりする客の姿は、「サクラパワー」となって、店全体を「なわばり解除」して、通行客を引きつけやすくなります。

●店内を回遊する客の姿は「サクラパワー」となって、通行客を引きつけます。

Photo

●店内を回遊する客の姿は「サクラパワー」となって店頭に客を引きつけます。

Photo_16

(6)テレアサショップが客を引きつける要因

①人気のアニメグッズや人気バラエティ番組グッズそのものが「冷やかし安全信号」となり、商品空間全体を「なわばり解除」していること
②客空間に客が滞留すると、「サクラパワー」となって、通行客を引きつけやすくなること
③接客中と作業中の店員(販売員)のアクションが、「客を引きつける店員のアクション
になって通行客を引きつけやすいこと

Photo_8


人気ブログランキングへ

*以上のことから、今後もテレアサショップのアニメや番組関連グッズのファンを中心にして、子供から大人までの幅の広い客を引きつけることが予測できます。

 

|

« 25.無理な注文を頼まれたときには? | トップページ | 15.K-spot(東京キャラクターストリート) »

◆東京キャラクターストリート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 14.テレアサショップ(東京キャラクターストリート):

« 25.無理な注文を頼まれたときには? | トップページ | 15.K-spot(東京キャラクターストリート) »