« 29.論理的な説得は功を奏するのか? | トップページ | 30.相づちや返事はよく考えてからするべきか? »

2013年2月27日 (水)

13.日テレ屋(東京キャラクターストリート)

Photo_2

東京駅一番街の地下1階の京キャラクターストリートの中にある「日テレ屋」は、日本テレビのオリジナルグッズを取り揃えたオフィシャルショップです。
日テレの人気番組の笑点、ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!などのオリジナルグッズや大人気キャラクターのそらジロー&くもジローやそれいけ!アンパンマン、名探偵コナンなどのアニメグッズや、ジャイアンツグッズなどが豊富に取り揃えられたショップです。

それではこの店の、商品空間と店員空間と客空間の三空間からできている店舗構造と、店員(販売員)と客のアクションの関係を分析してみましょう。

(1)日テレ屋の三空間平面図

①緑は商品空間
②空色は客空間
③赤の店員がいるところが店員空間(レジカウンター)
④青は精算したり商品を見たりする客

Photo_3


(2)日テレ屋の三空間店舗構造

店員空間がある、接触・引き込み・回遊型店

Photo_3

(3)日テレ屋の商品空間

この店の商品空間は、人気番組のオリジナルグッズや大人気のキャラクターグッズで溢れていて、商品そのものから強い「冷やかし安全信号」が出ているために、商品空間全体が「なわばり解除」されています。

●おなじみのキャラクターが「冷やかし安全信号」を出している。
Photo_4

●「冷やかし安全信号」があふれた商品空間は、「なわばり解除」されています。

2


(4)日テレ屋の店員(販売員)のアクション

この店の店員(販売員)のアクションは、レジカウンターでの接客中のアクションと、客空間に出て商品の整理整頓や補充等を行う作業中のアクションが行われていますが、いずれも「客を引きつけるアクション」です。そのために店内は「なわばり解除」の状況となり、通行客は気軽に店に近づいたり冷やかしたりすることができます。

●レジカウンターでの作業中の店員(販売員)のアクションは、「客を引きつけるアクション」です。
Photo_6

●作業中の店員(販売員)のアクション。

Photo_7


(5)日テレ屋の客のアクション

店頭に客がついたり、店内に何人かの客が店内を回遊したりすると、その姿が「サクラパワー」となって、通行客を引きつけています。

●客が店内に滞留すると「サクラパワー」が生じて非常に入りやすい店になります。

Photo_8

●店内や店頭で商品を試す客の姿は、次々と通行客を引きつけます。

Photo_9



(6)日テレ屋が客を引きつける要因

①人気の番組グッズやキャラクターグッズそのものから、強い「冷やかし安全信号」が出ているために、商品空間全体が「なわばり解除」されていること
②店頭や店内に生じた「サクラパワー」が、通行客を引きつけやすいこと
③店員(販売員)のアクションが接客中か作業中の「客を引きつけるアクション」になっていること

Photo_8


人気ブログランキングへ

*以上のことから、今後も日テレファンやジャイアンツファンを中心にして、子供から男性・女性の大人までの幅の広い客を引きつけることが予測できます。

 

|

« 29.論理的な説得は功を奏するのか? | トップページ | 30.相づちや返事はよく考えてからするべきか? »

◆東京キャラクターストリート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 13.日テレ屋(東京キャラクターストリート):

« 29.論理的な説得は功を奏するのか? | トップページ | 30.相づちや返事はよく考えてからするべきか? »