« 11.機敏の動き | トップページ | 13.不動の動き »

2013年1月11日 (金)

12.退避の動き

Taihi1

「退避の動き」とは、後ろにゆっくりさがったり、イスの背もたれにゆっくりもたれたり、手などをそーっと引いたりする動きのことです。
動画は「退避の動き」を使って名刺を渡す例です。

後ろにゆっくりさがるアクションで典型的なのは、そっと目立たないようにその場から逃げだすときの動きなので、「退避の動き」は劣位アクションに分類されます。「機敏の動き」がすばやくさがるのに対して、「退避の動き」はゆっくりさがるため、いっそう、劣位のイメージが強くなります。

日本には古くから「謙譲の美徳」ということばがあり、かつては自分から積極的に何かをするということはあまり評価されませんでした。それよりも、遠慮したり、他人に譲ったりすることに高い価値観があったのです。
現在では自分がそっとさがって他人に譲るというアクションは失われようとしていますが、人間関係を円滑にする上では、なくてはならない非常に大切なアクションです。

「退避の動き」は、目上の人や客に対して、失礼のないようにふるまうためには大変有効なアクションです。本来は、すでに説明した「虚脱の動き」と組み合わせて、様々なへりくだったアクションを行うのに使います。

全身の力を抜いて、やや背中を丸めて手を前に組んで立つと、昔の商売ではおなじみのへりくだった立ち姿になります。
そして、相手に対して何かをしてあげた後、そっと目立たないように後ろにさがります。
現在でも、接客がうまい店員(販売員)は、このような「劣位アクション」を使ってお客様の優位を保ち、気分よく買い物をしてもらうことができるのです。

ところが残念ながら、現在、「退避の動き」は、へりくだった使い方よりも、やる気がないことの表現に使われることが多く、ともすればよくないアクションだと思われがちです。「退避の動き」は、もともとその場からそっと逃げ出すという動きなので、会議の席上などで、イスの背もたれにゆっくりもたれかかる動きをすると、やる気がないことを表すサインになってしまいます。

誰かと話をしているときにも、むずかしい問題に直面したりあきてきたりすると、私たちはついつい力を抜いて後ろにさがりがちですが、これでは興味を失ったことがあからさまに相手に伝わってしまうので注意が必要です。

ただし、訪問先などで話が長引いてどうしようもないときなどは、この動きを使うことによって、早く話を終わらせることができます。ある番組の司会者は、時間が迫ってくると、「退避の動き」を使って、さりげなく出演者に「そろそろ終わりにしましょう」というメッセージを送るそうです。

つまり、それまで「接近の動き」などを使って積極的に聞く姿勢を示していた司会者が「退避の動き」をすることによって、出演者は無意識のうちにしゃべりにくくなり、話は自然に終焉に向かうというわけです。

また、「退避の動き」は、無責任なヤジを飛ばす人の典型的な動きです。
「おーい、こっちを向けー」などとヤジる人に限って、実際には相手と面と向かうことを避けている場合が多いものです。このような人はヤジを言い終わると、ゆっくり身体を後ろに引いて、あたかも自分は何もしなかったかのように装うのです。

さらに、日頃からこの動きが得意な人は、ぐずぐずしてなかなかものごとを始めないかわりに、いったん始めると、今度はダラダラしてなかなか終わらないという特徴があります。そのため、他人からは、嫌々やっているように見えるので、なかなかいい評価が得られないことが多くなります。
また、みんなが協力しているときに、自分だけその場からそっと離れるという動きをしてしまうことから、自分ではそんな気がなくても、仲間外れになりやすいので注意が必要です。

「退避の動き」は、無意識のうちに使ってしまうと、非協力的、やる気がないなどのマイナス評価を得やすいのですが、使い方を意識してうまく利用することができれば、相手の地位を高めて人間関係をスムーズすることができるのです。
現代の日本から失われようとするアクションを守るためにも、よりよい使い方を心がけたいものです。

■役に立つとき
1.へりくだる  
2.控え目
3.不参加を示す

■注意が必要なとき
1.協力や結束の場
2.前向きな発言行為


■13種類の人の動き もくじ

Photo_8


人気ブログランキングへ


|

« 11.機敏の動き | トップページ | 13.不動の動き »

◆13種類の人の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/56503235

この記事へのトラックバック一覧です: 12.退避の動き:

« 11.機敏の動き | トップページ | 13.不動の動き »