« 使える部下使えない部下(3) | トップページ | 8.客はなぜ失敗を許すのか? »

2013年1月19日 (土)

客は買うために店に来るのではなく、見るためにやって来る

Photo_2 

昔の店には、生活に必要な商品を買うために地元の客がやってきましたが、現代の店には、見比べたり下見をしたりするために見知らぬ客がやってきます。

特に近年では、ネットショッピングをする客が、あらかじめ商品を見たり触れたりして確かめるためにリアルショップにやってきます。

客が入りやすく見やすい店の構造は、「店員空間がある、引き込み・回遊型店」(あるいは「接触・引き込み・回遊型店」)です。

また、客が入りやすく見やすい店員(販売員)のアクション(接客方法)は、他の客に接客中か作業中のアクションです。どんなに時代が変わっても、客が入りやすく見やすい店こそ、本当に買いやすい店なのです。

Photo_8


人気ブログランキングへ


|

« 使える部下使えない部下(3) | トップページ | 8.客はなぜ失敗を許すのか? »

◆マンガ良い店悪い店の法則」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 客は買うために店に来るのではなく、見るためにやって来る:

« 使える部下使えない部下(3) | トップページ | 8.客はなぜ失敗を許すのか? »