« 6.虚脱の動き | トップページ | 7.協調の動き »

2013年1月 9日 (水)

説得して売ったと思うときは、客は初めから買うことを決めている

Photo

積極的にいろいろと接客をしたからといって、必ずしも購入につながるわけではありません。かといって、おざなりな接客ではもっと功を奏しません。

それは来店客といえども、客は客の数だけそれぞれの都合を持ってお店にやって来るからです。

それだけに、自分が熱心に説得することによって購入につながったと思える時は、店員(販売員)にとってこれほど満足感を感じることはありません。

しかし、多くの客の立場から考えると、さんざん他の店を見て回った後の決定であったり、ネットなどで事前に情報を得ていたためであったり、今日は必ず買おうと決めていたためであったりするものです。

Photo_8


人気ブログランキングへ

「あなたが熱心に勧めてくれたから」と言う客の場合ですら、近々購入を予定していた場合がほとんどなのです。

客がお店でモノを買う背景には、理屈では割り切れない様々な要素が存在しています。ほとんど論理的には説明できない理由で各自モノを買っているのです。

従って、接客業に従事する人にとっては、「説得して売ったと思うときは、客は初めから買うことを決めている」のだと認識しておくことも、接客のヒントになるはずです。

 

|

« 6.虚脱の動き | トップページ | 7.協調の動き »

◆マンガ良い店悪い店の法則」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 説得して売ったと思うときは、客は初めから買うことを決めている:

« 6.虚脱の動き | トップページ | 7.協調の動き »